精花太極拳の編纂過程その1

標準

精花太極拳が生まれる前。
普段、自分が指導しながら、言っていて辛くなる言葉があった。

「無理に足を上げなくていいですからね。出来る範囲で」
「この動きは必ずしも脚を手で叩かなくていいですから、かわりに膝を打つ感じで」

など、すでに足腰の弱っている方に、自分がしている動きと同じ事を要求できない時の言葉である。
低い姿勢などもそうだが、ある意味「妥協している」と生徒に感じさせてしまう言葉。
それが辛いというか、悔しいのである。

まっさらな気持ちで太極拳を習いに来ている生徒さんがそう言われてやるのは、どこかで気持ちが傷ついているはずだ。やっていることは変わらないと理屈では理解しながらも、大なり小なり「自分は先生がやっているような本来の太極拳を身につけることは出来ないのだ」というような気持ちが燻り続けるに違いない。

ほとんどの太極拳は老若男女が無理なく出来ると謳っている。
確かにその言葉通り。足を高くなど挙げなくとも太極拳だ。

むしろ、テレビや雑誌で見るような足を高く上げる姿勢は、大抵が競技ルールに沿った目的の筋肉の使い方や体使いをしているのであって、我が門においては太極拳の本質にかかわるものではないと教えているし、そもそも挙げる足の高さを目的とした体使いを要求することはない。

だが、そんな我が門の高く足を挙げるのが目的ではないほどの高さですら、ある時から末期の癌で身体が弱っていた弟子にはそれが出来なくなってしまった。思いの他早い段階で、いわゆる先ほどの「妥協を感じさせるようなやり方」でしか出来なくなってしまったのだ。頭ではわかっていたつもりでも、そんな自分の不甲斐なさにはきっと涙したことだろう。

いや、弟子でなくとも身体が弱ってきていると感じる人こそ健康のために太極拳をやるべきなのに、そういう人が希望を胸に門を叩いた時、先生が足を高く挙げたり低く体を沈めているのを見たらどう思うだろう?そういう人達は妥協した形でやるしかないのだろうか?

このようなことを書くと考え過ぎと思われる方も多いだろうが、自分は純粋に、体の弱っていた弟子が「一切の妥協のない太極拳を練習している」と思えるような、そんな喜びを感じられるような太極拳を作りたかったのである。

だからこそ、出来るだけ多くの人が、老いや病を理由に「妥協したものをやっている」という思いをしないですむ太極拳を編纂したかった。

だからと言って、底が浅く、雙邊太極拳ががあるのだから別にやらなくてもいいやと思うようなものにもしたくなかった。

より万人向けでありながら、初心者から上級者まで取り組み甲斐があり、なおかつ美しい太極拳を作りたかった。

これらが精花太極拳を編纂する過程で、常に想い続けていたことである。

「本当は中国発祥のものなのに日本人が勝手に作り変えるのはどうか?」と思う人もいるだろうが、そう思われるのは正直仕方がないと思っている。たぶん中国と日本のどちらにも、そう考える人は少なくないだろう。

それでも、自分自身で再編纂したことを隠しもしなければ、逆に自慢するつもりもない。

ただ、縁あってこの精花太極拳に触れた方が、ヨタヨタ歩きだったものがしっかり歩けるようになったことが嬉しい。面白いと言って続けてくれているのが嬉しい。そうした喜びがあるのが一番だ。

また、再編纂を通して、自分自身の太極拳への理解も深まったこと。たくさんの気づきがあったこと。
それもかなり大きな収穫だ。

太極拳は、「連、圏、転、分…」といった十段階とも十二段階とも、またそれ以上とも言われる段階練習を経て身につけていくものだが、それもまたどうせやるならとことんまでということで、思いっきり自分の生徒達に親しみやすく分かり易い言葉と形に、様々な工夫を凝らしながら体系ごと再構築した。

その新しいのが、

「書、剣、花、雲、鳥、風、地、天、人」

この九段階には、我が門の形意拳の教えや、八卦掌の三回九転の発想やストーリー的な要素も取り入れている。

以前「守・破・離」のブログを書いたときに師父からメールをいただき、「守破離と本」ということについて貴重なお話をいただいた。
最近、その内容を読み返したところ、新たに体系まで含めて再構築したことの意味が、何故その必要があったのかがそこに記されていたことに気づき、感慨を新たにした。

また、守破離のブログの中でも自分自身が語っていた言葉が、こんな風に繋がってくるとは思ってもいなかった。

自分にとっての「本」。
三拳弊習の武術としての「本」。

それが精花太極拳だったのだ。

「本」とはなにか?
師父からのメールの内容は?

そんなことも含めて続きは次回に。

精花太極拳の編纂過程その1」への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA