拳と掌の性質について

標準

「八卦掌は、なぜ拳ではなく、わざわざ掌で打つのですか?」と尋ねられたことがある。
その言葉には、真意として「掌よりも拳の方が威力があるように思うのだが」というニュアンスを含んでいるように感じられた。

その時に尋ねてきたのは他派の生徒さんだった事と、自分の流派の武術について色々実演しながら説明等できるような環境ではなかったので、当たり障りのない返答をしたのみであったが、そもそも掌打の威力や性質について共通の認識やイメージがなければ、何を説明しても噛み合うものではないのである。

ということで、八卦掌ではないのだが同じく掌で打つ形意拳の劈拳による掌打は、我々の場合は下の動画のようになる。

劈拳_試打(内功武術 明鏡拳舎)

状況によって力の伝え方にはいくつかのバリエーションもあるが、この動画で説明したいのは「性質」の違いである。

打っている姿の見た目には力強さを感じないが、それでもこの動画をよく見ると、掌打の瞬間には重いサンドバッグが土台ごと斜め上方向に浮き上がっているのがわかる。

掌打を使うのもこうした性質の衝撃があってこそであり、単に「拳」を「掌」に置き換えて使っているのではなく、掌打ならではの性質をいろんな方向に活かしているのが八卦掌や形意拳の劈拳なのである。

つまりは門派ならではの独特の動きと理論と活用法があっての掌打ということになる。

ついでに、独特の動きと理論ということで言えば、拳においても同様である。
我々の順突き、つまり順歩崩拳なら下の動画のような具合である。

崩拳 試打(内功武術 明鏡拳舎)

これは一見して普通のパンチとの見た目の違いから、巷で言うワンインチ・パンチや寸勁のようなものと思って比較しようとする方もいるかもしれないが、我々にとってはあくまで順歩崩拳という形意拳の基本的な突きの技術の一つであり、ことさらに距離の短さと威力の関係を突き詰めようとするものではない。

崩拳の動画もまたよく見ると、サンドバッグは真っ直ぐ向こうへ押されているのではなく、劈拳と同じように斜め上方向に跳ね上がっているのがわかる。

そして、腕の角度とサンドバッグが跳ね上がる方向は微妙に一致してるわけではなく、サンドバッグは手に吸い付いたように劈拳とほぼ同じ方向へと跳ね上がっていく。

劈拳だけだとよくわからないが、こうして劈拳と崩拳を一緒に比べてみると、共に普通の打撃の現象とは違って見えるところがより際立つ。それは、そのまま一般的な突きや掌打の概念とは違う理論で成り立っていることを示唆しているのである。

ちなみに、なぜ八卦掌でなく形意拳の動画なのか?ということについては、八卦掌の掌打はサンドバッグだと特徴が表れにくいので、色々と見た目に分かり易い形意拳の掌打にした次第だ。

掌打も拳による突きも言葉の意味こそ共通してはいるが、門派によってその理論や性質は大きく異なっているし、それを実際に見たり体験したりしなければなかなかわかりえないのだということを、あらためて記しておきたい。

なので一般の格闘技などのイメージで突きや掌打を語ると必ずと言って良いほど誤解も生まれ、突きや掌打の練習方法等も一致するものではないのは当然なので、特に自分の生徒さん達にはその辺を熟知しておいていただきたいものである。もっとも、最近行った合宿に参加された生徒さんは、その片鱗を愉しく味わったことであろうが。(笑)

おそらく、他派で同じく形意拳を学んでいる方の中でも打撃の性質の違いを感じる方もいらっしゃるだろうし、もちろん自分の生徒さんの中には、他派の形意拳に違いを感じる方もいるに違いない。

だがそれは我々の形意拳は八卦掌が混じっている事や、陽の性質よりは陰の性質に近い為であり、どちらが良い悪いではないということ。

大切なのは、自分達の形意拳や八卦掌の「性質を熟知し、使い熟す」ということである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA