明鏡拳舎の八卦掌2

標準

前回のブログ「拳と掌の性質について」では八卦掌の質問がきっかけでありながら、肝心の八卦掌のことをあまり書けなかったので、別の視点から八卦掌について紹介してみたいと思う。

下の動画は今からもう7年近くも前のものになるが、八卦掌の技の一つである。

本来は一手目を受けてすぐに脇の下に点穴(急所を指で突く)を入れるのだが、撮影で気が急いてしまって、ウッカリ飛ばしてしまっているのも懐かしい。

この技の解説であるが、ポイントは顔に来たパンチを相手から遠ざかって避けたかと思いきや、次の一瞬の反転で相手の背中側に肘が決まる、と言うところにある。

さらに相手は後ろから背中を打たれたかと思うと、見えないところから手が首あたりにかかって、前から投げが入る。

この投げは動画では判り辛いかもしれないが、最後の投げは柔道のように手で首に巻きついたり足を引っ掛けて投げるのがメインではなく、実際には套路のように形が出来上がる過程で技が掛かっている。投げる瞬間には一瞬、力を入れて手で担いでいるように見えるかもしれないが、相手を怪我させないように受け身を取りやすくコントロールしているが故である。

この技は相手からすれば、(きちんと点穴も決まってる場合)前から攻撃を受けたかと思いきや背中を打たれて、また前から投げられるのだから、前後の感覚が狂って実に目まぐるしく感じるであろう。

この一手の中には点・打・投とバリエーションに富んだ攻撃が含まれており、螺旋と八角形の角度・八卦の方向が密接に組み合わさることで、思いもよらぬ技を生む。

こんな技が成り立つ角度と間合いの妙こそが、自分にとっての八卦掌らしさだと思う。

こうした特長をもった技に、前回の動画にある「重いサンドバッグが縦に浮き上がるような掌打」が加わって、我々の八卦掌は構成されているのである。

もちろん前回の動画は形意拳の劈拳であるので、同じような掌打でも八卦掌的に展開されることで性質はさらに変化するし、使い方にもやや特徴がある。

いっそのこと「これが明鏡拳舎の八卦掌なのだ!」と、もっと動画を出せば分かり易いのかもしれないが、さすがにそれは色々な意味で難しい。だが、逆に数少ない動画の中に、何か独特の雰囲気を感じてもらえると、「なるほど、こだわりを持って八卦掌をやっているのだな」と多少は思ってもらえるかもしれない。(笑)

このような技術をいかに構築し、展開していくか。

また、その原理・原則となるものは何か。

それが八卦掌の套路の中に凝縮されているのである。

そのような訳で、今一度前回のブログの冒頭の質問だった「八卦掌は、なぜ拳ではなく、わざわざ掌で打つのですか?」という問いに答えを付け加えるならば、「掌打の質の違いの他にも、実際には八卦掌は肘もよく使いますし、掌も打つだけでなく投げにも応用しやすい利点があります」となるだろうか。

さらに掘り下げるなら「拳を使わないというより八卦掌の動きや戦い方に拳で打つ動きは合わないし、それでもあえて拳を使うなら形意拳に変化した方が良い」とも言える。

というより、我々は三拳弊習なので「形意拳がある」のだ。

しかも三拳弊習の八卦掌と形意拳だからこそ、両者の間はスムーズにシフトする。ならばこそ拳を使いたい場合はむしろ形意拳を使う方が我々的には自然なのである。

これは他の八卦掌の流派からするとやや狡い物言いかも知れないが(笑)、そうしたところがまた良くも悪しくも三拳弊習なのである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA