競技推手大会の結果報告

標準

フェイスブックでは既にアップしておりますが、明鏡拳舎・会員の皆さんへのご報告を兼ねて、先日6月25日(日)は、葛西 眞彦先生及び全日本競技推手連盟主催の「全日本競技推手選手権大会」に参加させていただいたので、まずはその結果を。
軽量級と無差別級の2クラスにエントリーし、どちらも準決勝まで進むことが出来ましたが、結果としては、

★無差別級 四位(入賞なし)
☆軽量級 三位
☆敢闘賞

という感じで終える事が出来ました。

軽量級と無差別級のふたつの準決勝・3位決定戦の連戦はかなり体力的にも消耗しましたが、その経験の中で得たものも大きかったように思います。

大会会場では、久しぶりに遠山師父ともお会いし、「陳泮嶺世界家族聯盟」による福岡での講習会の様子や、来賓していた台湾の諸先生方の相手役を務める中で得た様々な技術など、有意義なお話をたくさん伺う事が出来ました。

その後、半年以上ぶりに遠山師父に稽古をお願いすると快く引き受けてくださり、帰りの足でスタジオまで伺うと、思いがけず「龍形剣」を伝授してくださって、それはまさに大会で疲れた身体に沁み入るような至福の時間でした。

大会の後には葛西先生の講習会もあり、実際に大会に参加してみた後で競技推手の世界チャンピオンである葛西先生の講習会も受けてみたかったなという気持ちはありつつも、やはり師父にこうして教えていただく事が自分にとっては一番嬉しい。あらためてそんな想いを抱いた日でもありました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA