武術修行記 ~少林寺拳法編~(3)

標準

一回先延ばしになってしまったが、松田欣一郎先生のお話。
あらためて振り返ってみると、この経験が自分にとって非常に大きかったのがわかる。

◆唯一、正しい少林寺拳法!?

少林寺拳法は単独組織としては最大規模の武道団体だ。また、現在の技のほとんどは開祖・宗道臣先生の弟子達によって組織的に体系化されたもので、開祖は一人一人に個人教授の形で技をかけ、それを周りで見ていた人達が「今のはこんな風にかけていた」などと話し合いながら技をまとめていったという話が残っている。そういった背景もあって、少林寺拳法はある意味、絶対と言うものがなく、例えば同じ一つの技でも「先生によって説明や、やり方が違っていても、それは各自の工夫と経験によるものでどれも正しい」というスタンスをはっきりと打ち出している。実際に「逆小手」という技一つとっても、教える先生によって様々だったが、むろん、そういった現象だけで言えば少林寺拳法に限ったことではないだろう。

ところが、自分にとっては「これこそまさに教科書的な少林寺拳法といえるのではないか?」と思うほど、理路整然と、誰もが納得するような形で技をまとめ上げていた先生がいた。それが松田欣一郎先生だ。「あらはん」という少林寺拳法の昔の機関誌で技術Q&Aのコーナーを担当されていたこともあり、もとはウェイトリフティングの選手だっただけに、理論がしっかりしていて、それでいて本に載せられた松田先生の回答は非常に分かり易かった。上手くかからなくて悩んでいた技も、とりあえず文章通りに行えばなぜか技がかかる、そのくらい要点を押さえるのも上手な先生だった。

松田先生のまとめ方を自分なりに解釈するならば、松田先生の技は少林寺拳法の礼法であり構えでもある合掌礼を全ての基本としたものだ。「合掌礼」の形は同時に「合掌構え」でもあり、技の中に出てくることはないが教範にもしっかり構えとして明記されている。一般的な構えとなる開足中段構えや一字構え、待機構え、等々の構えは合掌礼が基本で繋がっており、それも観念的なものとしてではなく具体的な人体の構造や、筋肉での力の発揮の仕方などといった視点からそれを捉えていた。説明の一つ一つがシンプルで理解しやすく、技も効果的で無駄がない。鉤手手法など、少林寺拳法において重要な技法も、全てそこに繋がっていた。

習った時間はほんのわずかの時間でしかなかったが、その考え方で他の技も組み立てていけば、いろんな技が変わっていくのが直観的にわかった。当然その後は、技と共に技の威力もまた見違えてあがっていった。その頃から、技と言うものはどういうものであるのか?ということを、深く考え始めるようになっていたと思う。というより、技に対して漠然と感じていたものが、その経験によって少しずつ見えるようになってきた。それくらい、技が変わったのだった。

今更ながら、この松田先生に習った経験がなかったら、三拳弊習の我が門の武術体系を、今のように自分の考えでもって取り組むことが出来たかどうかはわからない。

少林寺拳法ではもちろん他にも素晴らしいと思う先生はたくさんいる。坂東先生の圧法や整法、中国武術式に言うなら点穴の技術は見事だったし、あんなに軽い打撃で簡単に人は気絶してしまうものなのかとも思った。ただ、このブログにあげた先生方はいずれも他界されており、自分自身、少林寺拳法から離れて20年近くになる。
少林寺拳法には武道専門学校と言うのがあって、月に一回の講習会を受けながら11年かけて卒業する形式があり、大学在学中から社会人になって最初の一年目くらいまで(間に油絵科に研究生として一年間大学に残っていた期間も含む)通っていたこともあるくらい、少林寺拳法に励んでいた時期もあった。

しかし、途中で砂泊先生の合気道に出会い、大学四年生の時には教育実習で会津若松に戻っている間に、武田惣角先生のいた会津坂下町に大東流合氣柔術がしずかに受け継がれていたことを知って大東流に触れてからは、やはり道が分かれていったように思う。もっとも、その大東流もまた、時間や場所の関係で離れざるをえなくなり、途中紆余曲折を経てこの武術に行き着くわけだが。

ということで、少林寺拳法編はここまでで終わり、次回は合気道編となる。

今回はちょっとした予告画像を。(笑)

本とサイン 合気道の心を求めて(本)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA