小説家・金庸先生

標準

小龍女
金庸という小説家をご存知であろうか?

「金庸とは『中国人のいるところ金庸の小説あり』とまで言われるすごい小説家なのである。」

…とのフレーズは、自分がホームページでも紹介していた懐かしい一節だ。

なぜ金庸の話題なのかというと、金庸小説に詳しい人は
「もしや倚天屠龍記に出てくる張三豊や太極拳の話か?」
などと想像するかもしれないが、そうではない。(笑)

自分が師父の武術に惹かれた理由の一つに、師父の教えてくれる技の意味や用法は、まるで金庸小説の世界そのままを髣髴させるものだったというのがある。
金庸小説の技の応酬では「無造作に出された手のように見えるが、その中に幾つもの変化を含み」等の文章が出てくるが、師父に教わる技はまさにそんな雰囲気だったのだ。

「まさかこの動作にそんな意味や使い方が!?」「この一手の中にこんなにも応用を含んでいるとは!?」と、何度「目から鱗が落ちる」思いをしたか知れない。単なる過渡式と思って行っていたところが、急に生き生きと意味を持った動作に変わる瞬間だ。

師父が用法を見せてくれたり解説してくれたりすると、自然と頭の中で金庸小説に出てくる上記のような一節が浮かんでくる。時にはそういった文章と相まって、幾重にも技のイメージを膨らませてくれた。
そしてそれは、まさしく自分が求めていた中国武術のイメージそのものであったのである。

「これは良い技ですね!」
師父が解説とともに技を見せてくださるのと同時にそんな言葉が出てることも度々であった。
そんな時、頭の中で金庸小説の登場人物が「好い技だ!」と、親指を立てて褒め称えている様子がリンクする。
別に小説のせりふを真似たわけではないが(笑)、良い技とはこういうものを言うのだと深く感じ入って、自然と言葉が出てくる。

自分が金庸小説を読んでいたこと。それが好きであったことが、どれだけ理解を助けてくれ、技の発想を広げてくれたことだろう。また、そういったこだわりが、今の自分の原点であるとも言える。

そんな武術においても大恩のある金庸先生が、自分に向かってすっと手を差し出してくださったときのことを今でも覚えている。(※1)

この時はまだ、徳間書店様の金庸先生を紹介する小冊子(販促用リーフレット)のイラストを仕事で描く前のことで(※2)、ただの一ファンとして趣味で小説に出てくる登場人物を描きながら金庸先生を紹介するサイトを作っていただけの時であった。

東方不敗vs任我行
(東方不敗vs任我行)
日本語版を翻訳されていた岡崎先生がそのファンサイトに載せている絵をご覧になっていて、金庸先生に自分の描いた絵をお渡ししようとしていた自分を紹介してくださると、金庸先生は真っ直ぐに自分の目を見て、なんと先生の方から握手の手を差し出してくださったのだ。金庸先生の暖かい手と眼差し、この時の感慨は忘れられない。

のちに金庸先生から一枚の色紙をいただいた。

色紙

「熊猫様」とあるのは、自分のホームページの名前に由来している。

金庸先生が教えてくれたのは技だけではない。

小説の中に描かれる武林の姿は、まるで現実の姿を鏡に映し出したかのように様々な人間像を浮かび上がらせ、登場人物らを通して「どういう人間が、どのような事を語り、どのような行動を取るのか」を、そして「武術とは何か」ということや、「本当に大切なものは何か」を、率直に語ってくれている。

香港の「明報」という新聞社の社長でもあった金庸先生の透徹した視点が語るものは、新聞というリアルも小説という虚構も、共に人間の姿を映し出すと言う意味において陰陽のように表現の違いでしかない。

金庸先生の描く武術は想像ではあったとしても、文章と言う特質を活かしながら、戦いに関する洞察や技というものの本質を描いているからこそ、既成のものに縛られることなく武術そのものの発想を広げてくれるのだろう。

自分の武術にとっても、人生においても、どれほど大きな影響を与えてくれたか計り知れないのが金庸先生なのである。

(※1)
2001年11月5日 神奈川大学「第11回日中交流シンポジウム」
基調講演『金庸は語る 中国武侠小説の魅力』にての出来事

(※2)
日本の「金庸公式ホームページ」にて、この小冊子の絵を見ることが出来ます。”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA