精花太極拳の編纂過程その2

標準

さて、前回その1は師父からのメールの内容は?というところで終わっているので、まずはそのメールの内容からである。
あらためて、そのメールをいただいたのは「守破離」を論じたブログを書いた時だ。抜粋にはなるが、以下に掲載したい。
なお、師父に代わってお断りしておくならば、その内容についてはあくまでも当門に伝わるものだということをご了承いただければと願う。

「ご存知の通り、これは日本発祥の道芸に関する考え方ですが、日本武道や日本文化を研究、あるいは留学によって吸収していた、国民党及び中央国術館の諸先生先輩の間で、様々な見解が交わされたものだ、と榮明先生から伺っていました。
その大筋は日本武道、茶道、その他芸道の様々な一般的な教えの紹介…これは特に新流派創造にとって実に都合のいい解釈として受け入れられていましたが、中には中国武術ならではの解釈を矜恃とする先生もおられ、陳泮嶺先生は正に、宇野さんとほぼ同じく、明暗化の三層之功夫を論じられたそうです。
ただし、本については、明暗化を経て自分が達した高みを説くに終わらず、次に伝えるべき基本こそを再構築せよ、基本を編み出してこそ指導者たりえるのであり、それなくば伝承は果たせぬ、との見解だったそうです。
榮明先生はその教えを受けてさらに、
守:まず我が身を守りきる
破:敵の技を破り敵を破る
離:攻守勝負を離れた境地
本:守破離から産む基本
とも解され、
その上で、わかりやすく初学者向けに用意するカリキュラムとして、
守:太極拳
破:形意拳
離:八卦掌
本:基本功(常に)
の順に教えるのだ、という考え方を、ある時期しきりに説かれていましたが、極峰拳社を作ってからは、むしろその手順にとらわれるなと、よく仰っていました。」

これが師父からいただいたメールの抜粋である。

最近あらためて拝読して、自分が精花太極拳を編纂したのは、このような意味があったのだと気付かされた次第だ。

精花太極拳とその練習段階には、まさに自分が今までに学んだ教えや研鑽した結果を全て注ぎ込んでいる。その中には介護の経験すら含まれており、まさに現段階での集大成だ。その上で、誰もが取り組みやすいようにと編纂を心掛けた。

つまりは精花太極拳は、その基本功や練習体系を含めて、全てが「次へ伝える基本」。即ち「本」なのだ。

さらに自分はブログ「守破離」の中でさらに自分はこうも書いている。

「自分が教える太極拳とは、
師父が教えてくれた太極拳でありながら、
師父の太極拳ではなく自分の太極拳であり、
ではその自分の太極拳はと言えば、
自分の太極拳などというものはなく、
ただ「太極拳」なのである。」

と。

まさかこの時は精花太極拳を自分で生み出そうなどとは露にも思わず、単に細かい枝葉の違いという意味くらいにしか考えていなかった。

だが、双辺太極拳から精花太極拳が生まれた後であっても、この言葉が変わる事はないし、むしろその意味は深まっている。そう、前半の3行については、この言葉通りだ。

それよりも、後半の『自分の太極拳などというものはなく、ただ「太極拳」なのである。』とは、あらためて当時は(と言ってもわずか3〜4年前なのに)随分と世間知らずで恥ずかしい事を書いたものだなぁとも思う。だが、道を歩んで行くのならこのくらいの気概を持っても構わないとも感じるし、まだまだたくさんの恥ずかしい思いをするだろう。

だが、それ以上に太極拳や武術が与えてくれる学びは、面白いし素晴らしい!それに尽きる。精花太極拳を編纂する過程で、もっとも感じたのはその事である。いわば、先師が通った道を、自分も追体験したのだ。それはあらゆる原点のようにも感じる。

ただ「太極拳」と言えるもの。それを追求していくのは、まさにこれからだ。

ちなみにいただいたこのメールの後には、師父自身の考察や気づきが綴られていたのであるが、それは是非自分の兄弟弟子が自らの力で、自らの行動を通して師父から引き出していただきたいものである。

なぜなら師父の考察は、自分で師父から学び得てこそ、価値のある内容だからだ。

そして自分の学生や拝師弟子には、こうしたやり取りの中に、師弟というものの気迫を感じ取って欲しいものである。

精花太極拳の編纂過程というタイトルを付けておきながら、過程というよりも総論になってしまった。

次回、段階練習が生まれていく過程も含めて、体系としてまとまっていく様子を、なんとなく記録的な意味合いで残しておきたいと思う。

精花太極拳の編纂過程その1

標準

精花太極拳が生まれる前。
普段、自分が指導しながら、言っていて辛くなる言葉があった。

「無理に足を上げなくていいですからね。出来る範囲で」
「この動きは必ずしも脚を手で叩かなくていいですから、かわりに膝を打つ感じで」

など、すでに足腰の弱っている方に、自分がしている動きと同じ事を要求できない時の言葉である。
低い姿勢などもそうだが、ある意味「妥協している」と生徒に感じさせてしまう言葉。
それが辛いというか、悔しいのである。

まっさらな気持ちで太極拳を習いに来ている生徒さんがそう言われてやるのは、どこかで気持ちが傷ついているはずだ。やっていることは変わらないと理屈では理解しながらも、大なり小なり「自分は先生がやっているような本来の太極拳を身につけることは出来ないのだ」というような気持ちが燻り続けるに違いない。

ほとんどの太極拳は老若男女が無理なく出来ると謳っている。
確かにその言葉通り。足を高くなど挙げなくとも太極拳だ。

むしろ、テレビや雑誌で見るような足を高く上げる姿勢は、大抵が競技ルールに沿った目的の筋肉の使い方や体使いをしているのであって、我が門においては太極拳の本質にかかわるものではないと教えているし、そもそも挙げる足の高さを目的とした体使いを要求することはない。

だが、そんな我が門の高く足を挙げるのが目的ではないほどの高さですら、ある時から末期の癌で身体が弱っていた弟子にはそれが出来なくなってしまった。思いの他早い段階で、いわゆる先ほどの「妥協を感じさせるようなやり方」でしか出来なくなってしまったのだ。頭ではわかっていたつもりでも、そんな自分の不甲斐なさにはきっと涙したことだろう。

いや、弟子でなくとも身体が弱ってきていると感じる人こそ健康のために太極拳をやるべきなのに、そういう人が希望を胸に門を叩いた時、先生が足を高く挙げたり低く体を沈めているのを見たらどう思うだろう?そういう人達は妥協した形でやるしかないのだろうか?

このようなことを書くと考え過ぎと思われる方も多いだろうが、自分は純粋に、体の弱っていた弟子が「一切の妥協のない太極拳を練習している」と思えるような、そんな喜びを感じられるような太極拳を作りたかったのである。

だからこそ、出来るだけ多くの人が、老いや病を理由に「妥協したものをやっている」という思いをしないですむ太極拳を編纂したかった。

だからと言って、底が浅く、雙邊太極拳ががあるのだから別にやらなくてもいいやと思うようなものにもしたくなかった。

より万人向けでありながら、初心者から上級者まで取り組み甲斐があり、なおかつ美しい太極拳を作りたかった。

これらが精花太極拳を編纂する過程で、常に想い続けていたことである。

「本当は中国発祥のものなのに日本人が勝手に作り変えるのはどうか?」と思う人もいるだろうが、そう思われるのは正直仕方がないと思っている。たぶん中国と日本のどちらにも、そう考える人は少なくないだろう。

それでも、自分自身で再編纂したことを隠しもしなければ、逆に自慢するつもりもない。

ただ、縁あってこの精花太極拳に触れた方が、ヨタヨタ歩きだったものがしっかり歩けるようになったことが嬉しい。面白いと言って続けてくれているのが嬉しい。そうした喜びがあるのが一番だ。

また、再編纂を通して、自分自身の太極拳への理解も深まったこと。たくさんの気づきがあったこと。
それもかなり大きな収穫だ。

太極拳は、「連、圏、転、分…」といった十段階とも十二段階とも、またそれ以上とも言われる段階練習を経て身につけていくものだが、それもまたどうせやるならとことんまでということで、思いっきり自分の生徒達に親しみやすく分かり易い言葉と形に、様々な工夫を凝らしながら体系ごと再構築した。

その新しいのが、

「書、剣、花、雲、鳥、風、地、天、人」

この九段階には、我が門の形意拳の教えや、八卦掌の三回九転の発想やストーリー的な要素も取り入れている。

以前「守・破・離」のブログを書いたときに師父からメールをいただき、「守破離と本」ということについて貴重なお話をいただいた。
最近、その内容を読み返したところ、新たに体系まで含めて再構築したことの意味が、何故その必要があったのかがそこに記されていたことに気づき、感慨を新たにした。

また、守破離のブログの中でも自分自身が語っていた言葉が、こんな風に繋がってくるとは思ってもいなかった。

自分にとっての「本」。
三拳弊習の武術としての「本」。

それが精花太極拳だったのだ。

「本」とはなにか?
師父からのメールの内容は?

そんなことも含めて続きは次回に。

精花扇

標準

明鏡拳舎のホームページには、太極拳の項目に精花太極拳に並んで、「精花扇」というものがある。

この精花扇とは何ぞや??という話であるが、例えば、我が門には「握拳で行う双辺太極拳」や、「紙風船を手に持って行う双辺太極拳」があるが、ざっくり言ってしまえば「扇を持って行う精花太極拳」が精花扇だ。

例えば「握拳で行う双辺太極拳」を例にとると、全て握拳で太極拳を行っても問題なくシックリくるのは形意拳が融合している双辺太極拳ならではだろう。それゆえ、たったそれだけのことで様々な気づきが得られるわけだが、同様に、ただ扇を持って太極拳をするだけというにもかかわらず、様々な効果を得られるのが精花太極拳の精花扇と言える。

扇を使って太極拳をしようと思ったのには、幾つかの理由が存在する。

一つには、自分は師父より常々、この武術は武器術が根本にあることを学んできていたし、自分もまたその教えを身体に通しながら「まさにその通りだ」と思いながら学んできた。

ところが現代の日本においては、武器は手に入れづらいだけでなく、例え手に入れてもなかなか練習場所がないという残念な状況にある。

武器を練習した方が良いことにはこれまた幾つかの理由があるが、その大きな理由の一つには、武器を操る時の機能的な身体操作を身につけるという事があげられる。

棍、刀、槍、剣と、どれもこれも太極拳や形意拳、八卦掌とは切っても切れないものだし、これはそれこそ経験した者だけが実感できるものだ。だからこそ、それを伝えたいとは思っても、残念ながら現代社会においてはそれらはおよそ不必要なものであり、というよりもむしろ危険視されていて、実際に学ぶ機会を得るには幾つもの障害がある。

そういう状況で生徒にどこまで教える事が出来るか?という行き詰まりが、ある意味、精花扇の様な奇手を生み出したのかもしれない。

もちろん、武術において扇を使うのは我々だけではないし、 むしろ扇を使う事で言えばはるか後から追随している格好になる。

だが、そうであるが故に扇の使い方はあくまで独自の考え方で行なっていると言えるだろう。

例えば簡化24式がベースとなる太極扇では、扇を使った独自の技法が随所に入っているが、正直言って自分がやりたいとイメージしていた事とは、方向性が全く違っていた。

それに対して精花扇はある意味、その名の通り扇を持って精花太極拳を行うだけのものと言って良い。

だが、「ただ、それだけ」が良いのだ。

なぜ、ただ扇を持って套路を行うだけが良い練習になると思ったか?そのきっかけは、率直に言ってただの直感だった。

「シンプルな動作の精花太極拳に扇の動きはきっと合うだろう。扇の種類は中国の武術用のものではなく、小用先生が採用しているような日本舞踊で使っている舞扇が良い。」

そんな考えがなんとはなしに浮かんだ。

当然の成り行きとしてどうしても試してみたくなり、いざっ舞扇を手に入れて試してみると、果たして予想以上の感触に心がワクワクするのを感じた。

「扇で風を受けたり捉えたりするのは、ポンとの陰陽の関係に近しい。」

「扇を開いた状態は、刀の反りに通ずるだけでなく、ほんの少しだが螺旋がある。(鴛鴦鉞のような武器に感じる違和感がない!)」

「色々と道具を工夫して活用するのは、我々の武術の特徴であり、伝統でもある。実際、レンガや紙風船を使った練功まで存在するではないか。」

「日本舞踊における扇は、時に風に舞う花びらに、時に刀剣にもなるが、逆に我々にとっては扇は武器の感覚そのものである」(この感覚は、後にある体験をする事でもっと深いものであったことに気づくのだが、それはまた別の機会に)

「武器術の感覚を得るのは重要だが、武器は手に入れにくく、仮に手に入ったとしても練習する場所が限られる。一方、扇は手に入れ易く練習もしやすい。」

「日本の舞扇は作りもしっかりしていて、良い武器を手に入れたのと同じような感覚がある上に、武器に比べるとはるかに安い。」

等々、その良さがどんどん言葉となって出てくるのだ。

実際に套路に扇の動きをつける過程においては、解釈によって扇の動きは様々に変化する。その中で、どの解釈による動きを採用するかは技についての考察を深めることにも繋がった。

精花扇によって得られる効用は本当に様々だ。

これは「太極拳」と「日本の扇」という異文化が出会って生まれた新しい可能性なのだとも言えるし、様々な偶然や工夫が積み重なった結果でなければおそらく成立しなかっただろう。

実際、双辺太極拳のままで扇は軌道が複雑すぎるし、精花太極拳だからこそ成立するのだという事は、実際にやってみるとすぐに知ることが出来る。

では、精花と双辺は別物かというとそうではない。

精花は双辺太極拳を再編纂したものなのだから当然だろうと言われればそうなのだが、そう言い切れるようになるまでは、かなりの試行錯誤があったわけで、振り返ってみればいつの間にかずいぶん時間か経ってしまったものである。

だが、此処に至る過程で、体系的にはかなり整理されてきた実感もあり、それらについてはまた機会を見ながら語っていきたいと思う。

精花太極拳

標準

二つの太極拳」で初めて話に触れた精花太極拳だが、現状の明鏡拳舎においては、すっかりなくてはならない存在になりつつある。

ホームページの太極拳の項目には、精花太極拳の紹介文として「精花太極拳が生まれた背景には、癌で亡くなった私の一番弟子が闘病の中で共に練習していた時の様々な経験が根本にあり」という文章を載せているが、あらためて、そうした経験がなければなぜ大切な双辺太極拳を再編纂しようなどと思うだろうか。

今更ながら、「双辺太極拳から八卦掌や形意拳の要素を抜いたら?」という発想に至ったのには訳があった。

それはまだ開門弟子が闘病中だった時のこと。癌で闘病中の弟子が悲しそうに言うには、点滴の針が刺さった腕で練習をしようとすると、双辺太極拳の最大の特徴でもある「螺旋」があるが為に、

「点滴の針が腕の中でよじれて痛い」

と言うのである。

そもそも点滴の針が刺さった状態で練習しようということに無理や限界があるのかもしれない。

だが自分がこの言葉を聞いた時、どんなに悔しく愕然としたことだろう。この時の自分には、弟子の真摯な気持ちに答える言葉がなかった。

弟子が亡くなったあともずっとその言葉が頭を離れることはなかったし、この言葉こそが精花太極拳を生んだと言っても過言ではない。

だからこそ、自分にとって精花太極拳の前で言い訳は出来ない。老、病、障がい。どんな壁があろうとも、弟子の頑張っている姿が瞼に焼き付いている限り、あらゆる工夫をしながらでも我々の太極拳の愉しさや素晴らしさを育んでいきたいという想いがある。

一方で、もう一つ発見もある。

その後、精花太極拳を研究していくうちには消したはずの螺旋が全く消えたわけではなく、今までと違う形で入り込んでいるのだというのがわかってきた。八卦掌も形意拳も同様に、気づかないうちに別の姿に変わっていつのまにか緩やかに溶け込んでいることに気づく。

やはり、双辺太極拳は双辺太極拳なのだ。

双辺太極拳から精花太極拳を再編したことの意味とは、原理原則を現実の場で活かすということ。それもまた一つの「応用」だ。双辺太極拳は武術的な視点においても応用が多彩であればこそ、体の弱っていた弟子の為に双辺太極拳を応用したものなのだと捉えると本質が見えてくる。

それによって、精花太極拳を練ることで不思議と八卦掌にも形意拳にも良い影響が現れることの理由も見えてきた。何より双辺太極拳もまた、精花太極拳を身体に通した後は動きが変わるのを如実に実感する。これは全く予想もしなかった角度からの深化だった。

しかしそれもまた「真摯に歩んで行けば自然と今の自分が乗り越えるべき課題が現れる」という事と、その結果であろう。

自分にとってはまさにそうした存在であるように思えるし、生徒達にとってもまた必要があって生まれたものなのだということも実感している。

武術の道を歩んでいくという縦の糸と、その過程での出会いや関わりといった横の糸とが複雑に折り重なって編まれた太極拳。おそらく他人には興味を持たれることもないだろうが、我々にとっては内功武術という大きな模様の中に描かれた大切な一部だ。

 

Iさんの太極拳

標準

宇童会の生徒の話をする時に、繊細な感覚の持ち主ということでプロのギタリストさんのYさんの話を時々あげるが、もう一人、繊細な感覚を持つ生徒に、全盲のIさんがいる。

基本は個人レッスンの形で教えているのだが、彼女との会話は、とても面白い。彼女との会話の内容はまるで内功武術的な話のオンパレードだ。

ものが見えないからこそ、見た目の形や雰囲気に惑わされることがない。動きそのものを見る。まるでソムリエがワインの味や香りを語るが如く、触れた掌からポン勁と捻りが紡ぎ出す動きの変化や性質を語り合うその面白さは、まさしく「ワインを愉しむ」かのように、「太極拳を愉しむ」といったような面白さである。

形としては一見似ていないような動きでも、「この動きは、○○と同じですね!」「この動きは○○の変化した感じですね!」と、長年練習を積んだ方と話すような会話が最初から普通に出てくるし、動きを導けば、「何この動き⁉︎それに、すごく身体が動く!」と誰よりも打てば響くような反応を示してくれる。

こうしたダイレクトな反応というのは、教える側としても嬉しいものだ。

逆に、太極拳を教える時にただ「この動作では爪先の向きを何度にする」「手をどの位置に出す」というような説明や動作だけでは、「これが太極拳です」と言われても、「形を見る」のではなく、触れて「動きの本質を見る」彼女にとっては、体操やダンスとの明確な違いは感じられないだろう。

彼女にとっての太極拳らしさとは何か。

それは、太極拳の動作にはストーリーがあるということ。

もちろん、体操やダンスにもテーマやストーリーを設けるのは当然だろうが、それらとの違いは何かというと、触れた掌から伝わる筋肉の動きや繋がりや変化といった皮膚感覚そのものにも流れがあり、ストーリーがあり、リズムがある、ということだ。

ゆっくりふんわりと動く中に、全身の繋がりによって起こる複雑な変化。川の流れのように滔々と変化し続ける動作と共に身体に起きている起承転結を、直に触れながら皮膚で感じとるもの、それが彼女にとっての「太極拳らしさ」なのだ。

そのIさんは今、事情があって休会しているのだが、99勢の第三段・94.轉身左劈面掌まで終わっていて本当にあと少しのところまで来ている。

亡くなった弟子が土に種を蒔き、それが今、スクスクと成長しながら花を咲かせようとしている矢先のやむを得ない休会で、自分が宇童会に通っている間に99勢を教えきらなかったのは残念ではあるのだが、きっと遠からず99勢に辿り着く事は間違いない。

そして、その花が実った時にはきっと我々の内功武術に優しい彩りを添えてくれることだろう。

二つの太極拳

標準

最近、もう一つの太極拳にはまっている。
一つはもちろん我々の双辺太極拳だ。
陳式、楊式、呉式を研究された陳pan嶺先生が、形意拳・八卦掌の要素を加味して創始し、張榮明師祖父がそれぞれの要素をより際立たせた形で新たに編纂した、自分が本当に素晴らしいと惚れ込んだ太極拳である。
ではもう一つの太極拳とは、なにか。
もしかしたら他派のものか?というと、そうではない。
最近、ハマっている太極拳。それは、あえて「八卦掌と形意拳の要素を抜いた双辺太極拳」なのである。
このブログを始めたときは、確かに形意拳と八卦掌については、より純度を追求していくというスタンスであったが(注:それは三拳融合を試みられた中で絶対的に混じり合わないものがあり、その混じり合わない要素をその拳法のオリジナリティと捉え、それらによって構成されていると言う意味で)、太極拳だけは三拳が含まれていることこそ双辺太極拳の特徴であると思っていたし、そこに独自性や誇りと感じていればこそ、形意・八卦の要素を抜くと言う発想は全くなかったといってよい。
ところが、
「八卦掌と形意拳の要素を抜いた双辺太極拳」
という発想が、ふとしたきっかけで生まれた。
それは、軽い気持ちと思いつきで始めた作業ではあったが、実際にやり始めてみるとその面白さにどんどんはまっていくのを感じた。そして不思議なことに、シンプルな太極拳にしていけばいくほど、かえって三拳の繋がりが感じられるのだ。
違っているのに、かえって繋がる。
これは意外な効果でもあったし、予想外の展開でもあった。
また、いつもの双辺太極拳とは違った効果もあるのも、いろんな人の感想からわかってきた。
我々の双辺太極拳は、段階が進めば進むほど八卦掌の要素が強くなっていくが、それをあえて「抜く」という方向に働かせるのはまさに逆転の発想であろう。
しかし、こうしたフレキシビリティを持つというのも、我々の三拳弊習のスタイルとも言えるのかも知れない。
ちなみに、三拳融合をはかった我々の双辺太極拳から形意拳と八卦掌の要素を抜けば、純粋な太極拳が現れるのかと言うと、そういうわけでもない。
確かに技の中には一部、先祖がえりのように、陳式や楊式に出てくる形に似たものに変わってしまうものもあるが、やはり全体としては、いずれの太極拳とも違う「我々独自の雰囲気と理合いを持った太極拳」と言えるだろう。
それら技の変化の過程を味わうことが出来たのは良い経験と気づきであったし、何より、我々の太極拳の解釈とはこうなのだということが、より明確になってきた。
明鏡拳舎では、普段の双辺太極拳と区別するために、太極拳的なエッセンスを学ぶ為の套路と言う意味で「精花太極拳」と呼んでいるが、その精花太極拳は素直で非常にシンプルでありながら、生徒たちからの評判も良い。
というより、冒頭で書いているようにまず自分自身がはまっている。(笑)
素直でシンプルな精花太極拳。
これを亡くなった弟子に見せたなら、きっと「うわーっ」と目を輝かせて喜んだに違いない。常に「痛み」に苛まされ、歩くことすら難しい状態だったであろうに、この武術で培った繊細な重心移動や立ち方で、「歩く」ということを「再現」していた弟子。
この精花太極拳がもっと早く生まれていたらと、ふと考えをめぐらせてしまう。
「成長 ~ 日記より(1)~」に書いた、弟子の太極拳のこと。
「日曜日の午後、お見舞い&個人レッスンでH.Kさんの病室に伺った時、外の光が射す白い壁の部屋の中で、H.Kさんの太極拳を見せていただきました。一切の無駄のとれた、素直で、美しい太極拳でした。点滴のチューブを付けながら、手術したばかりの身体で、自分の身体を感じながら丁寧に丁寧にこの太極拳を打っているH.Kさんの姿が目に浮かぶようでした。それは、第二の站椿を形をとりながら、小さな歩幅で行う、動きの少ない太極拳でしたが、真面目に地味な站椿をする事からはじまり、僕が教えた通り真摯に意識して感じながら行っている姿が、H.Kさんが積み重ねてきたもの全てが、そこに見えた気がしました。套路は嘘をつきません。僕は、こんなに尊い太極拳を見たことはありませんでした。」
その弟子の太極拳に応えるような太極拳が、今になって自分の中に出来上がった、そんな気がしてならない。
そう。弟子や学生も含めて、生徒たちがいなければ生まれてこなかった太極拳だ。
例え周りにとっては価値は感じられなくとも、我々はその効果を知り、様々な意味を持ちながら大切に思う。
一人一太極拳。
そんな太極拳があっても良いだろう。

連散手

標準

愛知県の教室「宇童会」は、実に女性が8~9割を占める。しかも、度々記述しているが、元々が武術どころか太極拳にすら縁遠い方がほとんどだったのだ。

なので用法的な練習については、満四年を過ぎるまで連散手はおろか、たまに技の意味として用法を紹介するか、ちょっと体験してみるという程度であった。

およそテレビなどでの太極拳のイメージしか知らない人にとっては、太極拳に対人稽古というものがあることに戸惑いを覚える方も多く、推手ですら亀の歩みの如くであった。段階を細かく分けてそれぞれの目的や意味を教えつつ、簡単な攻防の意味なども少しずつ交えながら、じっくりじっくりと、しかしあくまでも武術、もしくは武術に繋がるものとしての気持ちは忘れずに練ってきたのだった。

本当に、初めたばかりの頃は、まずは相手と向かい合う緊張感をなくしていく、そんなようなことから慣らしていく感じだったと思う。

それがようやく、ここにきて連散手を本格的に始められるようになってきた。特筆すべきは攻撃側を習っても、愉しめる余裕が出てきたことだろう。

また、今まで練ってきた太極拳が、連散手を学ぶことによって、急に活き活きとしたものに思えてきたようだ。これまでに説明してきた細かい注意点の意味に、あらためて一つ一つ納得するように、套路の雰囲気が変わっていく。技を知ることによって、根節、中節、梢節の意識が変わり、全体の流れもよりイメージし易くなるのだろう。
站椿の意味、推手の意味、それらが急に実感として感じられる瞬間だ。

もちろん、ここに至るには様々な工夫もしてきた。

それによって明鏡拳舎のルールとして定着したことの一つが、連散手・攻撃側は、あくまで「先生」役という位置づけを明確にしたことだ。

先生役である攻撃側は、生徒が攻撃に対して太極拳を正しく使えるよう導くために、正確にゆっくりと攻撃を行わなければならない。

ゆっくりというと、そんな攻撃を受けても意味がないと思うかもしれないが、ゆっくりでもまずは「太極拳を使ってみる」「太極拳で攻撃を捌く」という経験をしてみなければ、始まらない。

仮に、相手の速い突きを太極拳の動作の形で受けられたとしても、そこに太極拳ならではの勁や感覚や意識がこもっていなければ意味がないのである。それが沾粘連随の「沾」だ。

一方で攻撃側はいわゆる、少林拳や現代格闘技のように突き蹴りが主体の攻撃を行う。

これも自分の場合はついでに形意拳等の理合いも少々加味しつつ、極力、単独で行える型に落とし込んで動きを練習した後に、ようやく連散手として組み合わせるというやり方にしている。

ある意味、皆にとってはこうしたキビキビした動きもたまには新鮮に感じるようだ。もちろん、そのように感じられるような下地は作ってきたつもりだ。そういう真っさらな気持ちで見ることが出来れば、攻撃側は乱暴なものでも、単なるやられ役でもなく、そこには実にたくさんの優れた技法や学びがある。

ところで、何故、攻撃側が先生役になるのかというと、そこにはもう一つ大事な意味がある。それは、あくまで根底には太極拳がなければならない、という事だ。

いわば最も太極拳の外形から外れたところで太極拳を行わなければならない。そして客観的な視点から太極拳を味わうということ。三層の功夫で言えば、明でなく暗。厳密に言えば暗への足掛かりとするものであり、それを学ぶのが攻撃側の目的でもあると言えるだろう。

そうした陰陽の関係によって、単に用法の詰め合わせ的なものだけでなく、システマチックに様々なことを学んでいけるのが連散手の素晴らしいところだ。そして、こうしたものを通して学んでいくのも三拳弊習の我が門の太極拳なのだ。

「我が門の武術は、我が門の練習によって成り立つ。」また、「我が門の武術に必要なのは真摯に学ぶ気持ちだけである。」何度でも繰り返し心に刻みたい言葉である。

我が門の武術は、強い人には教えるが、弱い人にはやっても意味がないので教えない、というものではない。

強い弱いに拘らず、今、出来ることをする。そこに、共に良い学びが得られるものこそ武術だと思っている。

太極拳雑感(2)我が門の太極拳と、太極図

標準

ザックリ紹介すると、我が門の太極拳を構成するのは以下の4つである。

套路、連散手、推手、站椿(※本来、椿の字は日でなくて臼)

套路については、説明の必要もないだろうということで省くが、残りについて簡単に紹介するならば、

「連散手」
以前、「99勢 双辺太極拳」の回にも書いたが、双辺太極拳では二人一組で行う対人型の稽古法の一つに、99勢の型がそのまま順番通りに技の用法が繋がっていく「連散手」というものが存在する。
しかも、それは単に99に納まらず一つの技の名前の中に3手くらい含んでいるのもあれば、同じ動作については毎回使い方が異なり、一つの技の深みが増していくようになっていたりもするのだ。

「推手」
推手については、名称は一部、明鏡拳舎式の呼び方になるが単推手、双推手4種(内圏・外圏・右双圏・左双圏)、四正推手、陰陽推手…等々、多くの推手が存在するのが特徴だ。

「站椿」
站椿は幾つかの種類があり、段階や状態によってそれぞれ細かな意識や目的を持つように求められる。

と、このような感じである。この4つの要素と言うのは、それぞれが極まっていながらお互いの関係性は密接に繋がっているのだが、それを繰り返し実感するうちに、いつしか自分は、我が門の太極拳を太極図に当てはめて考えるようになった。それは

陽=套路
陰=連散手
陰中の陽=站椿
陽中の陰=推手

と、このような感じである。

站椿と推手の二つはエッセンスと言えるものであり、そのような考え方で組み合わせを眺めていると、それぞれの関係性の中にいろんな発想が浮かんでくる。

もちろん、考え方としてはその時に何を練習しているかによって、組み合わせが入れ替わるのもありだろう。
例えば推手を行っているならば、陽に推手が当てはまるというように、メインの練習の中にも必ず他の3つの要素が存在している。推手と言っても、それをうまく成り立たせるには必ずしも聴勁だけが問題になるのではない。姿勢など構造的な問題なのか(=站椿)、手順の理解や流れの問題なのか(=套路)、相手との距離やタイミング(=連散手)の問題なのか。太極図で考えると、問題点がチェック出来るだけでなく、優先順位やちょっとした段階練習の発想のヒントなども浮かんでくるのである。

このように、連散手の存在によって我が門の太極拳は練習体系もまた、そのまま太極図に則ったかのような形でバランスよく学んでいけるように工夫されているのを、あらためて感じるわけである。

…と、いうようなことを思考の遊びのような感じでつらつらと考えていたりするので、タイトルは「我が門の太極拳」とかではなく、あくまで「太極拳雑感」なのである。

ちなみに余談であるが、自分がいろいろと書いてきたものを読んでうすうす感じていらっしゃるかもしれないが、我が門には呼吸法や気功などと言うものはほとんど出てこない。(笑)
なぜなら人間は呼吸しなければ生きられないわけで、自然呼吸をしているという事が即ち太極拳と一体となっている事である。つまり、太極拳自体が呼吸法であり気功的な要素を含んでいるのだから、分ける必要もなければ、ことさらに強調する必要もない。必要なのはむしろ、太極拳に対する理解の深さだ。

いずれその辺の事についても書こうとは思っていたのだが、切り口にはやや悩むところである。

太極拳雑感(1)

標準

明鏡拳舎では、なぜあくまで武術として太極拳を教えるのか?

例えば、一般の格闘技ではパンチは踵を浮かせて思いっきり蹴りだすようにしながら腰の回転で打つのに対して「太極拳ではなぜ踵をつけたままで打つのか?」というような素朴な疑問。

そんな素朴な疑問には、そうすることによってどういう威力が生まれるかということを、寸勁などを受けてみてもらって実際に体感してもらうのが手っ取り早い。
と、このように書くと乱暴な話のようだが、実際には、相手に合わせて身体は吹っ飛んでも痛みは与えないよう、威力や効果をコントロールするのだからかなり繊細な話だ。

体感してもらうのは、あくまで理解のため・学びのためであるし、勁力を使って打った打撃はどんなに軽いものであろうと相手が納得するだけの現象が起こる。そこには何のごまかしもないし、ほとんどの人は体感した後に笑顔になるか、不思議そうな表情になるかのどちらかだ。

踵を浮かさず、なおかつ、足裏で蹴らない意味、打撃の性質の違い等々、たった一つを実感するだけでむしろ沢山の事を学べるのだから、百の説明をする必要もないのである。と言うよりも、踵をつけたまま打つような要求は、一般的なスポーツ等の認識とは違うのだから、教わる側にとって必要なのは、まず、説明よりも証明だろう。

かと言って、出来ることをひけらかすのでもなく、示威行為でもなく。
我々の太極拳はそういうものだからこそ淡々とそのように教えるというだけで、しかし、そういうものだからこそ愉しいのだ。

愉しいからこそ、笑顔もあれば、学びの真剣さも増す。

少林寺拳法の開祖である宗道臣先生は、嵩山少林寺の白衣殿にある壁画に、中国人の僧と、印度人の僧が二人一組になって楽しそうに技をかけあう姿が描かれているのを見て大いに悟るところがあったという。

武術として教えるということは、けっしてステレオタイプに想像してしまうような殺伐なものではない。元が武術なのだから、その視点に立たないとわからない意味がある。そういうお話である。

ところで、二人一組と言えば、我が門の太極拳には一人で套路を練るだけではなく、二人(時に二人以上)で行う多種多様な推手もあれば、99勢全ての用法を繋げた連散手というものが存在する。

それによって、我が門の太極拳がどういうものかより見えてくるわけだが、そんなわけで、次回のタイトルは

太極拳雑感(2)
「我が門の太極拳と、太極図」

ということで、再びマニアックな話になる。(笑)

99勢 双辺太極拳

標準

三拳弊習や三拳融合について書いてきたが、やはりその最も象徴であり、礎となるのが双辺太極拳であろう。
特に師祖父が体系的にまとめたバリエーション豊富な推手と、99勢全てが順番通りに連続した攻防になって用法が学ぶことが出来る連散手の存在は、我が門の宝だと言っても良い。一体どれだけの発想がこの中に込められているか。自分が習っている時も、一手一手の説明に目から鱗が落ちる思いであった。
例えば套路の中に単鞭は何度も出てくるわけだが、同じ使い方は一つとしてなく毎回用法が変わる。たった一つの動作の中にこんなにも色んな技の意味をもたせることが出来るということに感心するよりなかった。

太極拳には源流の陳式をはじめとして、楊式、呉式、その他色々あって、それらが五大流派とも六大流派とも言われている中、やはり自分が一番太極拳らしくて好きだと感じるのは、師父から習ったこの双辺太極拳だ。六大流派にも含まれないけれどその六大流派の様々なエッセンスを含み、八卦掌の螺旋や形意拳のエッセンスもまた見事に取り込んでいながら、それでも太極拳らしいと感じるのは、やはり太極拳というものを色んな意味で、とことん理解していたからであろうと思う。

なにより、師祖父によってさらに八卦掌の要素が色濃く入った太極拳は本当に美しいと思う。先程の「太極拳らしい」というのとは矛盾するようだが、自分にとってはどちらも真実だ。

また、形意拳の要素が入っている部分というと、普通は肘底看捶などをパッと思い浮かべると思うが、我が門の99勢にはさりげない動作の中にも形意拳の理合が込められている。そしてそれはいわゆる護身の意味において、力がなく、また相手を傷つけるのが出来ないような心の持ち主が、咄嗟の緊急事態にいかに身を守るか?という難問に、師祖父が導き出した答えが込められているように自分には思えるのだ。よく護身術とは言うが、それで相手を攻撃出来る心の強さを持っているものは良い。しかし、本当に護身が必要なのはそうではない人達ではなかろうか?

やや話が逸れてしまったが、そういった師祖父の人生哲学的なものがいろんなところに垣間見えるのも、この太極拳の魅力だ。

教えているとつくづく感じるが、99勢は長い。しかし長いからこそ良いのだと思う。教え始めて4年が過ぎ、ようやく99勢まで辿り着いたものがポツポツと現れ始めた。そして11月に丸5年が過ぎる頃には、おそらく10人を超えるだろう。
ほとんどがおよそ武術には縁遠かった方々で、教室は多くて月に2回のペース。しかも太極拳の知識も全くなく集まった方ばかりだった。それでも一歩一歩、積み重ねてきた。そして太極拳とともに、学ぶと言うこと自体を好きになってくれた。
自分もまたこの太極拳だからこそ自信を持って教えることが出来た。

そして、教えることを通して、ますますこの双辺太極拳が好きになった。