9.3水戸の鍛錬会での学び その1

標準

少し前の話になるが、9月3日は、水戸の地で行われている「水戸鍛錬会」に、久しぶり2回目の参加をさせていただいた。

鍛錬会では日本刀での試斬の他、短刀捕りが行われる。

前回参加の時は、様々な試し斬りの様子を動画にアップしたが、今回は短刀捕りの様子を遠山師父が一部写真で撮影をしてくださっていたので、それを元に今回の経験をあらためて振り返ってみたいと思う。

こうして見ると、自分の表情からは短刀捕りの緊迫感は伝わらないかもしれないが、実際にこの時の短刀はゴム製だったというのに、後で気づいてみれば以下の写真のように突かれた後が血が滲んで痕になっているくらい本気度の高い激しい稽古であった。

写真については、一枚目は形意拳の猴形拳を手を斬られないようにコンパクトに構えた時のものだ。そこから4枚目の最後のインパクトの瞬間には馬形拳に変化しながら相手に打撃を加えている。

写真を見て初めに自分が感じた印象というのは、瞬間瞬間を捉えた連続写真にただ感心するばかりであった。間合いの確認にもなるなあなどと、上記のようなそんな表面的なところにしか目がいっていなかった。この時はまだ鍛錬会の意味が自分の中で消化しきれてないとしか言いようがない。

というのは、師父にお礼のメッセージを送ると、そこからの会話で途端に色んなものが徐々にハッキリと見えだしたからだ。

その時の重要と思われる会話を抜粋すると、

◆自分:
「写真をありがとうございました!
対峙している時の距離感などが確認出来てありがたいです!
打っている瞬間は必死さが伝わって来るような表情ですね。(^_^;)
よくこんな瞬間を連続で捉えていただけたものだと思います。」

◆師父:
「昨夜は色々な想いが巡って眠れませんでした。写真はおっしゃる通り、自分でもよく撮れたなと思うぐらい…戦場カメラマンの心境で必死に撮っていました。ビデオの流し撮りではそんな心境にはならなかったと思います。」

◆自分:
「確かに「良く捉えていただけた」どころの軽いものではなく、まさに「戦場カメラマン」のような心境という言葉にハッと反省させられる思いです。
まさしくその通りですね。
昨日は正直、無我夢中という感じでしたが、後になればなるほど、ジワジワと色んな事が意味を持って心の中に滲み上がってきます。」

というような次第である。

実際、この会話がなされた後であらためて写真を見ると、自分の状態が全く違った視点から見えてくる。

1枚目に関しては前述の通りだが、2枚目の自分の口許は心なしか笑って見える。猴の「狂」の字が滲んで現れているからか。4枚目の馬形拳も、馬の一つの大事なキーワードである「驚」の字が表情に出ているようにもとれるし、掌の表情にもはっきりと馬の相が出ている。

ちなみに、自分は元々人前が苦手で緊張しやすいタイプの人間だったわけだが、こうした緊迫した場面でもなぜか身体が自動的に動くということ。それが一つには動物拳の持つシステマチックな働きなのだろうとも思う。

しかし、そこで止まってはならず「動物の拳法ではなく、人としての拳法でなければならない」というのが師祖父からの大事な教えだ。

その意味が、今回の経験を通して少し理解が深まったように感じる。

例えば祖父江さんをはじめ、他門派の先生方は皆、まさに「火」の如き気迫に溢れていた。その気迫によってナイフを持った相手を圧倒する。

それに比べて自分はというと、写真を見てもお世辞にもそうした気迫は微塵も感じられはしない。

しかしそれも「陰陽」で良いのだと、後から思った。比べるものではないのだ、と。

相手の殺気を火の如き気迫で焼き尽くすのではなく、相手がどんなに殺気を放とうとも、自分の中をスッと通り抜けていってしまうような静かな水のような心…そうした「水の心」こそ、自分の目指すべき境地のように感じる。

気迫に対して無理に気迫で対抗しようとせず、むしろ、

もっと静かで穏やかに。
もっと澄んだ心で。

そうした考えの方が、自然と水の如く自分の心と体に染み入ってくるし、心身ともに軽やかになる感じがする。

それが自分の、人としての拳法。そんな手がかりを掴んだようにも思える。

こうした得難い学びが得られるのも、水戸の鍛錬会ならでは、だ。

新・武術修行記 〜水戸鍛錬会〜

標準

宇童会を引き継ぐことを決断したのは、昨年の始めのこと。最後の総まとめとして区切りとなる今年の5月まではメールの返信の中での指導なども含めて宇童会にこそ全精力を注いできた状態だったが、その間にも自身にとって大事な出来事が幾つか存在する。

まずは「水戸の鍛錬会」での自身初の試し斬りがその一つである。

今回のブログの内容については、なにしろ去年の出来事であるし、タイトルもどうつけたものかと悩んだのだが、ふと「新・武術修行記」という文字が浮かんだ。そうだ、これは今の自分の心境にぴったりだ!

水戸鍛錬会の様子は以前にフェイスブックにも簡単にアップしたのであるが、修行記として改めてその時のとこを振り返ってみたい。

きっかけは、雑誌「秘伝」などにも時々登場されている祖父江さん(「先生」とお呼びしたいところですが、そう呼ばれるのを嫌っていらっしゃるのであえてこう書かせていただいてます)から、以前からの知り合いという事もあってお声掛けいただきこの貴重な機会を得たわけであるが、これで何よりありがたかったことは「はたして自分は古流の剣術の学んだこともあったし、今もまた中国武術の刀や剣も行うが、果たして自分の太刀筋は実際に物が斬れるものであるのか?」その疑問を検証する良い機会をいただくことが出来たことである。

結果として、幸いにも普段練習しながらイメージしていた刃筋は実際においても通っていたいたようで、思いの外スンナリと斬ることは出来た。ただその中で最初に感じたのは、自分が想定していた一刀流剣術の振り方と斬った時の距離感には若干のズレがあったこと。そうした気づきも実際に体験してみればこそだ。その距離感のズレは比較的すぐに調整出来たし、定着させるには少し時間を必要とするだろうが、少なくとも自分が習い教えているものは、すぐに斬るに堪えるものであったという検証を得たことは、やはり今後の指導にも繋がっていくだろう。

ところで、自分にとっての今回のテーマは単に刀でモノを斬ってみるというのではなく、あくまで「普段の動きそのままで斬れるかどうか?」の検証であった。

古流剣術の動きでは、素振りでも常々「空気を斬る」ということが大事なポイントであったし、それが出来た時と出来ない時では明確な違いがあるのでそれなりにいけるのではというか予感も持っていた。

だが、中国武術式の斬り方…というより中国武術式の身体遣いで、重い刀を片手で受けの動作から斬りこむといった一連の繋がるような動作の中で、どの程度しっかりと斬ることが出来るのかというのは、自分の中で是非とも検証しておきたいことでもあった。

その時の様子が以下の動画である。

刃筋を立てるということのイメージが、自分の中で間違っていなかったことは、これで確信を持つことが出来た。

また、この時別に撮ったもう一つの動画は古流剣術のスタイルのものだが、祖父江さんから「実際に相手の攻撃を受けてから斬るというのは格段に難度が上がる」と教えをいただき行った時のものである。

祖父江さんの裂帛の気合いに力を導き出された形で咄嗟に出た技は、受けた後の短い距離での逆袈裟斬りという難しいものであったが、自分でも渾身の一斬を経験する事が出来た。

余談ながら、このときの自分を客観的に見ると、古流剣術の構えを取りながらもかなり形意拳のエッセンスが構えに入り込んでいるのがわかる。
そして行っている技の流れとしては、八卦掌の刀術にある単換刀に近く、短い距離での斬撃は形意拳の発勁に近い。

普段の練習ではむしろ三拳を明確に分けて練習するし、組み合わせる練習などする事もないが、しかし咄嗟の時にはそれぞれの要素が自然と発揮されていたというのは実に面白い経験であったし、この経験はきっと今後大きく生きて来るだろうと思うのである。

こうして成長の機会をいただいた祖父江さんには、深く感謝申し上げます。