精花太極拳の編纂過程その2

標準

さて、前回その1は師父からのメールの内容は?というところで終わっているので、まずはそのメールの内容からである。
あらためて、そのメールをいただいたのは「守破離」を論じたブログを書いた時だ。抜粋にはなるが、以下に掲載したい。
なお、師父に代わってお断りしておくならば、その内容についてはあくまでも当門に伝わるものだということをご了承いただければと願う。

「ご存知の通り、これは日本発祥の道芸に関する考え方ですが、日本武道や日本文化を研究、あるいは留学によって吸収していた、国民党及び中央国術館の諸先生先輩の間で、様々な見解が交わされたものだ、と榮明先生から伺っていました。
その大筋は日本武道、茶道、その他芸道の様々な一般的な教えの紹介…これは特に新流派創造にとって実に都合のいい解釈として受け入れられていましたが、中には中国武術ならではの解釈を矜恃とする先生もおられ、陳泮嶺先生は正に、宇野さんとほぼ同じく、明暗化の三層之功夫を論じられたそうです。
ただし、本については、明暗化を経て自分が達した高みを説くに終わらず、次に伝えるべき基本こそを再構築せよ、基本を編み出してこそ指導者たりえるのであり、それなくば伝承は果たせぬ、との見解だったそうです。
榮明先生はその教えを受けてさらに、
守:まず我が身を守りきる
破:敵の技を破り敵を破る
離:攻守勝負を離れた境地
本:守破離から産む基本
とも解され、
その上で、わかりやすく初学者向けに用意するカリキュラムとして、
守:太極拳
破:形意拳
離:八卦掌
本:基本功(常に)
の順に教えるのだ、という考え方を、ある時期しきりに説かれていましたが、極峰拳社を作ってからは、むしろその手順にとらわれるなと、よく仰っていました。」

これが師父からいただいたメールの抜粋である。

最近あらためて拝読して、自分が精花太極拳を編纂したのは、このような意味があったのだと気付かされた次第だ。

精花太極拳とその練習段階には、まさに自分が今までに学んだ教えや研鑽した結果を全て注ぎ込んでいる。その中には介護の経験すら含まれており、まさに現段階での集大成だ。その上で、誰もが取り組みやすいようにと編纂を心掛けた。

つまりは精花太極拳は、その基本功や練習体系を含めて、全てが「次へ伝える基本」。即ち「本」なのだ。

さらに自分はブログ「守破離」の中でさらに自分はこうも書いている。

「自分が教える太極拳とは、
師父が教えてくれた太極拳でありながら、
師父の太極拳ではなく自分の太極拳であり、
ではその自分の太極拳はと言えば、
自分の太極拳などというものはなく、
ただ「太極拳」なのである。」

と。

まさかこの時は精花太極拳を自分で生み出そうなどとは露にも思わず、単に細かい枝葉の違いという意味くらいにしか考えていなかった。

だが、双辺太極拳から精花太極拳が生まれた後であっても、この言葉が変わる事はないし、むしろその意味は深まっている。そう、前半の3行については、この言葉通りだ。

それよりも、後半の『自分の太極拳などというものはなく、ただ「太極拳」なのである。』とは、あらためて当時は(と言ってもわずか3〜4年前なのに)随分と世間知らずで恥ずかしい事を書いたものだなぁとも思う。だが、道を歩んで行くのならこのくらいの気概を持っても構わないとも感じるし、まだまだたくさんの恥ずかしい思いをするだろう。

だが、それ以上に太極拳や武術が与えてくれる学びは、面白いし素晴らしい!それに尽きる。精花太極拳を編纂する過程で、もっとも感じたのはその事である。いわば、先師が通った道を、自分も追体験したのだ。それはあらゆる原点のようにも感じる。

ただ「太極拳」と言えるもの。それを追求していくのは、まさにこれからだ。

ちなみにいただいたこのメールの後には、師父自身の考察や気づきが綴られていたのであるが、それは是非自分の兄弟弟子が自らの力で、自らの行動を通して師父から引き出していただきたいものである。

なぜなら師父の考察は、自分で師父から学び得てこそ、価値のある内容だからだ。

そして自分の学生や拝師弟子には、こうしたやり取りの中に、師弟というものの気迫を感じ取って欲しいものである。

精花太極拳の編纂過程というタイトルを付けておきながら、過程というよりも総論になってしまった。

次回、段階練習が生まれていく過程も含めて、体系としてまとまっていく様子を、なんとなく記録的な意味合いで残しておきたいと思う。

精花太極拳の編纂過程その1

標準

精花太極拳が生まれる前。
普段、自分が指導しながら、言っていて辛くなる言葉があった。

「無理に足を上げなくていいですからね。出来る範囲で」
「この動きは必ずしも脚を手で叩かなくていいですから、かわりに膝を打つ感じで」

など、すでに足腰の弱っている方に、自分がしている動きと同じ事を要求できない時の言葉である。
低い姿勢などもそうだが、ある意味「妥協している」と生徒に感じさせてしまう言葉。
それが辛いというか、悔しいのである。

まっさらな気持ちで太極拳を習いに来ている生徒さんがそう言われてやるのは、どこかで気持ちが傷ついているはずだ。やっていることは変わらないと理屈では理解しながらも、大なり小なり「自分は先生がやっているような本来の太極拳を身につけることは出来ないのだ」というような気持ちが燻り続けるに違いない。

ほとんどの太極拳は老若男女が無理なく出来ると謳っている。
確かにその言葉通り。足を高くなど挙げなくとも太極拳だ。

むしろ、テレビや雑誌で見るような足を高く上げる姿勢は、大抵が競技ルールに沿った目的の筋肉の使い方や体使いをしているのであって、我が門においては太極拳の本質にかかわるものではないと教えているし、そもそも挙げる足の高さを目的とした体使いを要求することはない。

だが、そんな我が門の高く足を挙げるのが目的ではないほどの高さですら、ある時から末期の癌で身体が弱っていた弟子にはそれが出来なくなってしまった。思いの他早い段階で、いわゆる先ほどの「妥協を感じさせるようなやり方」でしか出来なくなってしまったのだ。頭ではわかっていたつもりでも、そんな自分の不甲斐なさにはきっと涙したことだろう。

いや、弟子でなくとも身体が弱ってきていると感じる人こそ健康のために太極拳をやるべきなのに、そういう人が希望を胸に門を叩いた時、先生が足を高く挙げたり低く体を沈めているのを見たらどう思うだろう?そういう人達は妥協した形でやるしかないのだろうか?

このようなことを書くと考え過ぎと思われる方も多いだろうが、自分は純粋に、体の弱っていた弟子が「一切の妥協のない太極拳を練習している」と思えるような、そんな喜びを感じられるような太極拳を作りたかったのである。

だからこそ、出来るだけ多くの人が、老いや病を理由に「妥協したものをやっている」という思いをしないですむ太極拳を編纂したかった。

だからと言って、底が浅く、雙邊太極拳ががあるのだから別にやらなくてもいいやと思うようなものにもしたくなかった。

より万人向けでありながら、初心者から上級者まで取り組み甲斐があり、なおかつ美しい太極拳を作りたかった。

これらが精花太極拳を編纂する過程で、常に想い続けていたことである。

「本当は中国発祥のものなのに日本人が勝手に作り変えるのはどうか?」と思う人もいるだろうが、そう思われるのは正直仕方がないと思っている。たぶん中国と日本のどちらにも、そう考える人は少なくないだろう。

それでも、自分自身で再編纂したことを隠しもしなければ、逆に自慢するつもりもない。

ただ、縁あってこの精花太極拳に触れた方が、ヨタヨタ歩きだったものがしっかり歩けるようになったことが嬉しい。面白いと言って続けてくれているのが嬉しい。そうした喜びがあるのが一番だ。

また、再編纂を通して、自分自身の太極拳への理解も深まったこと。たくさんの気づきがあったこと。
それもかなり大きな収穫だ。

太極拳は、「連、圏、転、分…」といった十段階とも十二段階とも、またそれ以上とも言われる段階練習を経て身につけていくものだが、それもまたどうせやるならとことんまでということで、思いっきり自分の生徒達に親しみやすく分かり易い言葉と形に、様々な工夫を凝らしながら体系ごと再構築した。

その新しいのが、

「書、剣、花、雲、鳥、風、地、天、人」

この九段階には、我が門の形意拳の教えや、八卦掌の三回九転の発想やストーリー的な要素も取り入れている。

以前「守・破・離」のブログを書いたときに師父からメールをいただき、「守破離と本」ということについて貴重なお話をいただいた。
最近、その内容を読み返したところ、新たに体系まで含めて再構築したことの意味が、何故その必要があったのかがそこに記されていたことに気づき、感慨を新たにした。

また、守破離のブログの中でも自分自身が語っていた言葉が、こんな風に繋がってくるとは思ってもいなかった。

自分にとっての「本」。
三拳弊習の武術としての「本」。

それが精花太極拳だったのだ。

「本」とはなにか?
師父からのメールの内容は?

そんなことも含めて続きは次回に。

明鏡拳舎の八卦掌2

標準

前回のブログ「拳と掌の性質について」では八卦掌の質問がきっかけでありながら、肝心の八卦掌のことをあまり書けなかったので、別の視点から八卦掌について紹介してみたいと思う。

下の動画は今からもう7年近くも前のものになるが、八卦掌の技の一つである。

本来は一手目を受けてすぐに脇の下に点穴(急所を指で突く)を入れるのだが、撮影で気が急いてしまって、ウッカリ飛ばしてしまっているのも懐かしい。

この技の解説であるが、ポイントは顔に来たパンチを相手から遠ざかって避けたかと思いきや、次の一瞬の反転で相手の背中側に肘が決まる、と言うところにある。

さらに相手は後ろから背中を打たれたかと思うと、見えないところから手が首あたりにかかって、前から投げが入る。

この投げは動画では判り辛いかもしれないが、最後の投げは柔道のように手で首に巻きついたり足を引っ掛けて投げるのがメインではなく、実際には套路のように形が出来上がる過程で技が掛かっている。投げる瞬間には一瞬、力を入れて手で担いでいるように見えるかもしれないが、相手を怪我させないように受け身を取りやすくコントロールしているが故である。

この技は相手からすれば、(きちんと点穴も決まってる場合)前から攻撃を受けたかと思いきや背中を打たれて、また前から投げられるのだから、前後の感覚が狂って実に目まぐるしく感じるであろう。

この一手の中には点・打・投とバリエーションに富んだ攻撃が含まれており、螺旋と八角形の角度・八卦の方向が密接に組み合わさることで、思いもよらぬ技を生む。

こんな技が成り立つ角度と間合いの妙こそが、自分にとっての八卦掌らしさだと思う。

こうした特長をもった技に、前回の動画にある「重いサンドバッグが縦に浮き上がるような掌打」が加わって、我々の八卦掌は構成されているのである。

もちろん前回の動画は形意拳の劈拳であるので、同じような掌打でも八卦掌的に展開されることで性質はさらに変化するし、使い方にもやや特徴がある。

いっそのこと「これが明鏡拳舎の八卦掌なのだ!」と、もっと動画を出せば分かり易いのかもしれないが、さすがにそれは色々な意味で難しい。だが、逆に数少ない動画の中に、何か独特の雰囲気を感じてもらえると、「なるほど、こだわりを持って八卦掌をやっているのだな」と多少は思ってもらえるかもしれない。(笑)

このような技術をいかに構築し、展開していくか。

また、その原理・原則となるものは何か。

それが八卦掌の套路の中に凝縮されているのである。

そのような訳で、今一度前回のブログの冒頭の質問だった「八卦掌は、なぜ拳ではなく、わざわざ掌で打つのですか?」という問いに答えを付け加えるならば、「掌打の質の違いの他にも、実際には八卦掌は肘もよく使いますし、掌も打つだけでなく投げにも応用しやすい利点があります」となるだろうか。

さらに掘り下げるなら「拳を使わないというより八卦掌の動きや戦い方に拳で打つ動きは合わないし、それでもあえて拳を使うなら形意拳に変化した方が良い」とも言える。

というより、我々は三拳弊習なので「形意拳がある」のだ。

しかも三拳弊習の八卦掌と形意拳だからこそ、両者の間はスムーズにシフトする。ならばこそ拳を使いたい場合はむしろ形意拳を使う方が我々的には自然なのである。

これは他の八卦掌の流派からするとやや狡い物言いかも知れないが(笑)、そうしたところがまた良くも悪しくも三拳弊習なのである。

ある日の練習の後に

標準

心から「この門の武術で良かった」と思う瞬間がある。昨日の拝師弟子練習はまさにそのような時間であった。

拝師弟子練習は、基本的にマンツーマンで教わる事がほとんどだ。それを師父と何年にも渡って続けてきた。

今では、話の内容も、練習の内容も、毎度の事ながら本当に濃密で味わい深いものだが、不思議と教わることに「尽きる」ということがない。

三拳弊習だから覚える事も多いということもあるが、だからと言って、ただ単に3つの拳法の套路をどんどん覚えていく、というのともおよそ訳が違う。
進んで行くにしたがって三拳が密接に繋がりあい、スパイラルに高さと深みが増していく感じなのだ。

しかし、今回の感動とも感謝ともつかぬ気持ちが湧き上がるのは、そういった技術的な話によってではない。もっと根本的なこの門の武術についての話だ。

套路の中に感じる師祖父の人生哲学のようなものについては、以前にも話題にした事があるが、今回の学びによって、武術がこんなにも昇華された形でなお、武術として受け継がれてきていることに深い感銘を受けたというところであろう。そう、これこそが師祖父の武術だったのだ!

だからこそ、ここまで誇りを持って迷わずに教えることが出来た。そしてこれからは、師祖父と師父に連なる自分の武術を、より決意と心を込めて伝えていかなければならない。

今日の内容を、いつの日か、自分の後に続く者に。

そんな想いが心の中に渦巻くような、感慨深い一日であった。

掌形

標準

人体で最も器用で意識が行く部分はどこか?というと手(指)あろう。
つまりは、それらを含んだ掌形。そんなことも我が門の内功武術のヒントとなる。
心、意、氣、力。
上下相髄の考え方にも通ずるが、もっとも意識が行く部位を活用しない手はないだろう。

だが、師父が曰く「手(指)の形は、練功を積んできて最後に整う」とも言われていたように、掌形はその時の状態を表す全体の結果でもあり、練習においては段階にもよるが、本来的には積極的に活用すべき双方向のものだ。
そういう意味では、内功武術の成果として、指の形、掌形にどのように意が通っているかを見るのは一つの愉しみでもあり、活用においては、例えば象形拳・いわゆる動物をかたどった拳を練る場合等には、まさにスイッチのような存在にも成り得るだろう。考え方次第で色んな広がりを持つものである。

このように掌形一つとってもなかなかに味わい深いが、だからこそ、我が門の三拳「太極拳、形意拳、八卦掌」の基本となる掌形が全て、一つの形に集約された形で融合されているのも、三拳弊習というものが生み出した成果であり、最も象徴的なものであると言えるだろう。

余談だが、その形は自分が習った大東流合氣柔術の形とも似ているのが面白い。処々の理由で武術修行記は第一部で完結したままだが、大東流編でこれは書いておきたかったという内容の一つに、この「手の形」の話があった。

その話は「武術修行記 ~合気道編~」とも繋がっていて、砂泊先生の手の形について(4)で、このように書いている。
「砂泊先生の合気の手は巻き込むような通称「猫手」が有名だが、普通の合気道のように開いた形は「陽」、巻き込むような形は「陰」なのだと、手を取りながら合気の感覚と共に説明してくださった。」

そして、自分が初めて大東流の先生に技をかけていただいた時、指の形を見て思ったのだ。
「あ、これは砂泊先生の仰っていた「陽」と「陰」が結合した形だ!」と。

…話が少しそれてしまったが、今回の話でもっとも大事なこと。

三拳弊習のシステムによって生まれた我が門の掌形だが、さらに深く掘り下げれば大事なことは、技術的なことよりも先に、そもそもが「我が門の武術は”三拳の交流”によって生まれた武術である」ということだ。

そのことは、(このブログに御名前を出させていただいて恐縮だが)刀禅の小用先生のところに開門のご挨拶に伺った折、その後のやり取りの中でふと出てきた言葉であったが、我が門の掌形は、言ってみれば「三拳の交流」によって生まれた「武林皆一家」を象徴した掌形でもあるのだ。

だからこそ様々な意味で、その想いを汚すようなことがあってはならないと、あらためて深く心に刻み込む次第である。

師祖父の武術

標準

師祖父の武術をある程度使えるようになって思うのは、これはいわゆる格闘技の技術ではないな、ということだ。かと言って昔の戦場の技術そのままでもない。言ってみれば、ボディーガードや[金票]局といった者の技術だ。

例えば双辺太極拳の粘勁はどのように使われるか?または何のために必要か?といえば、相手を封じる為というのが一番分かり易い。では何のためにわざわざ相手を封じる必要性があるか、それはいかなる状況であろうかと思考を辿っていけば、我々の技術は、相手が突き蹴りで来ようと、暗器で襲いかかってこようと、初手から二~三手のうちには相手に貼りついて動きを封じてしまうものであると。それも相手を絡め捕るように詰将棋的に取り押さえてしまうか、動きを止めるように順々に相手の身体を壊していくように構成されているものだというところに辿り着く。
一般的な武道や格闘技とされるものが、試合のルールに合わせて形を変えていったり、もしくはルールの中で発展してきたのとは違って、ある意味、現代格闘技に対する研究はされつつも、1900年代後半という時代背景の中で育った技術がそのままの状態で受け継がれたのが我が門の武術だと言えるだろう。

そもそもがどういう技術か?ということについて「自ら知る」ということ。
それが、散打試合を経験したり、特に最近では義龍会主催の大会でST散打等で色々と技を実際に使ってみることを通して見えてきた。
自分の武術がどういうもので、どういう特徴を持ったものかがわかれば、試合においてはどうカスタマイズして、何を試すべきかも自ずと見えてくる。ST散打で技王賞やベストディフェンス賞という結果を得たのも、それはある意味、後からついてきたものだろう。
その結果はもちろん嬉しいものだが、それ以上に嬉しいのは、技がどんどん自分のものになっていく感覚や、理解が深まっていくことこそが、自分にとってはなによりだ。

ところで、自分は師祖父にはお会いしたことがない。なので師祖父とは伝えられた技を通して会話をするのみであるが、こんなにも研究・整理されているのは、普通の民間人にはやはりありえない内容であると思うというのが正直なところだ。

だが一方で、以前にも「護身の意味において、力がなく、また相手を傷つけるのが出来ないような心の持ち主が、咄嗟の緊急事態にいかに身を守るか?という難問に、師祖父が導き出した答えが込められているように自分には思えるのだ。よく護身術とは言うが、それで相手を攻撃出来る心の強さを持っているものは良い。しかし、本当に護身が必要なのはそうではない人達ではなかろうか?」と書いたように、師祖父の哲学や、弱者の味方に立つ視点を随所に感じることもまた事実だ。
だからこそ、明鏡拳舎には老若男女を問わず、また才能や体格の有無を問わずに、武術として真摯に学んでいる人達が集っている。
これが師祖父の「侠」の姿なのではなかろうか。

師祖父とは是非一度お会いして、いろいろ技について語り合ってみたいとも思うが、それが果たして叶うかどうかはわからない。

だが、自分の武術修行記を書いてあらためて思うのは、お会いする事が叶うにしろ叶わないにしろ、そこには必ず意味があるという事だ。

三拳融合と三拳弊習

標準

我が門の武術は、太極拳、形意拳、八卦掌の内家三拳の融合を試みられた上での、三拳弊習である。なぜわざわざ三拳をバラバラのままに残して弊習のスタイルのままにしたのか。そこが興味深いところでもあり、我が門の武術がどういうものであるかを表しているとも言える。

まずは、どのような理由からこれらの三拳をもって内家拳と呼ばれているか。例えば、単に見た目の剛柔をもって内家拳と分類したのならば、形意拳に至ってはかなり剛の風格を残すものである。それでもあえて内家拳に分類されたということは、つまりはこれらの拳種の中に共通のものを見出したからに他ならない。それが三拳を融合させようとした最初のきっかけだっただろう。

しかし、その三拳を融合した拳法が誕生することはなかった。
唯一、我々の太極拳である、双辺太極拳において、陳式や楊式、形意拳、八卦掌の要素が入っていると認識されているのみである。

振り返って、我々の太極拳、形意拳、八卦掌は三拳融合を試みられればこそ、内家拳からさらに内功武術へと共通する部分が確立されるとともに、絶対に相容れない部分。形意拳が形意拳として存在する理由、八卦掌が八卦掌として存在する理由がハッキリと見えてきた故の、三拳弊習なのだという事が言える。

したがって我々の三拳は、太極拳の中に形意拳や八卦掌が入っていれば、形意拳や八卦掌もまた同様に、太極拳や八卦掌、または太極拳や形意拳の要素を含んでいるということである。しかし、明鏡拳舎の武術を見てもらえれば分かってもらえると思うが、太極拳はいかにも太極拳、形意拳はいかにも形意拳と言った風格をもっている。
それぞれの要素を含んでいるからと言って、どれも似たり寄ったりの曖昧さがないのは、絶対に相容れない部分がハッキリしているからこそ、拳種の特徴もまたハッキリと表現しているからに他ならない。それが三拳弊習の面白いところであり、それを補っているのが融合させようとしたきっかけとなった共通部分である。

融合させようとした試みが生んだものはそれだけではない。練習方法等についても同様で、結局のところ、
「我が門の武術は、我が門の練習方法や考え方によって完成する」ということだ。

進化か?偽物か?

標準

中国武術につきまとう、本物か?偽物か?という議論。
果たして我が門の武術が他所や昔のものと違うのは進化なのか?それともただの創作なのか?

一つ言えることは、時代が変われば環境も変わる。周りの格闘術が進歩すれば、当然それに対処できなければならない。どんなに最新のパソコンを入手しても、4~5年後には、ただの遅いマシンに変わっている。今はそういう時代である。現代の格闘技においてコンビネーションは当たり前。ワン・ツー・ローキックが基本になるようなそんな時代に、例えば太極拳の楼膝拗歩で、ただの単発のパンチを前手で払って打つ技だと習って何になろうか。もちろん、段階練習としては単発の攻撃をしっかり捌く練習も必要だが、それで楼膝拗歩の動作の意味が全てとなってしまっては、武術としてまともに戦えるわけがない。気で倒すなんてのは論外だし、よく聞くところでは実戦では無形になるというが、では例えばボクシングや柔道の試合を見て「無形」だと思うだろうか?自分には普段練習していることを根気強く出し続けているように見える。
自分が楼膝拗歩を習った時は、古い時代の技でも現代格闘技の「ワン・ツー・ロー」を捌いて攻撃できる、そういう技なのだとして習った。もちろん用法はそれだけではない。それ以外の使い方も、目から鱗の技ばかり。それが我が門の楼膝拗歩だ。

我が門の太極拳や八卦掌や形意拳は他所のとは違う。今では自分と師父の間でも違うのもある。特に八卦掌はその解釈も風格も周りの八卦掌とは全く違った異端のものになってしまった。かと思えば形意拳については、むしろ師祖父が変えたものを一部昔の形に戻したりもした。だが、師父はそれで良いという。師父の技をそのまま受け継いでいく弟子がいれば、自分のように出稽古などでの組み手の経験や研究の積み重ねから、どんどん技や套路を変化させていく弟子もいる。少なくとも師父が受け継いだ師祖父の技は、後者のものだ。そして自分は、そんな師祖父の技を師父を通して学ぶことが出来たことを誇りに思っているし、師父がスポーツ界において確立してきた実績や解釈が加わったことは、この武術が常に進歩または変化し続けてきたことの証であろう。
いずれにせよ、先師より受け継いだものは時代の流れの中で風化させることなく、より磨き上げて次世代へ繋げていくのが本当だと思う。その結果が、進化か失伝か、本物か偽物かは、周りが評価すれば良い。