小説家・金庸先生

標準

小龍女
金庸という小説家をご存知であろうか?

「金庸とは『中国人のいるところ金庸の小説あり』とまで言われるすごい小説家なのである。」

…とのフレーズは、自分がホームページでも紹介していた懐かしい一節だ。

なぜ金庸の話題なのかというと、金庸小説に詳しい人は
「もしや倚天屠龍記に出てくる張三豊や太極拳の話か?」
などと想像するかもしれないが、そうではない。(笑)

自分が師父の武術に惹かれた理由の一つに、師父の教えてくれる技の意味や用法は、まるで金庸小説の世界そのままを髣髴させるものだったというのがある。
金庸小説の技の応酬では「無造作に出された手のように見えるが、その中に幾つもの変化を含み」等の文章が出てくるが、師父に教わる技はまさにそんな雰囲気だったのだ。

「まさかこの動作にそんな意味や使い方が!?」「この一手の中にこんなにも応用を含んでいるとは!?」と、何度「目から鱗が落ちる」思いをしたか知れない。単なる過渡式と思って行っていたところが、急に生き生きと意味を持った動作に変わる瞬間だ。

師父が用法を見せてくれたり解説してくれたりすると、自然と頭の中で金庸小説に出てくる上記のような一節が浮かんでくる。時にはそういった文章と相まって、幾重にも技のイメージを膨らませてくれた。
そしてそれは、まさしく自分が求めていた中国武術のイメージそのものであったのである。

「これは良い技ですね!」
師父が解説とともに技を見せてくださるのと同時にそんな言葉が出てることも度々であった。
そんな時、頭の中で金庸小説の登場人物が「好い技だ!」と、親指を立てて褒め称えている様子がリンクする。
別に小説のせりふを真似たわけではないが(笑)、良い技とはこういうものを言うのだと深く感じ入って、自然と言葉が出てくる。

自分が金庸小説を読んでいたこと。それが好きであったことが、どれだけ理解を助けてくれ、技の発想を広げてくれたことだろう。また、そういったこだわりが、今の自分の原点であるとも言える。

そんな武術においても大恩のある金庸先生が、自分に向かってすっと手を差し出してくださったときのことを今でも覚えている。(※1)

この時はまだ、徳間書店様の金庸先生を紹介する小冊子(販促用リーフレット)のイラストを仕事で描く前のことで(※2)、ただの一ファンとして趣味で小説に出てくる登場人物を描きながら金庸先生を紹介するサイトを作っていただけの時であった。

東方不敗vs任我行
(東方不敗vs任我行)
日本語版を翻訳されていた岡崎先生がそのファンサイトに載せている絵をご覧になっていて、金庸先生に自分の描いた絵をお渡ししようとしていた自分を紹介してくださると、金庸先生は真っ直ぐに自分の目を見て、なんと先生の方から握手の手を差し出してくださったのだ。金庸先生の暖かい手と眼差し、この時の感慨は忘れられない。

のちに金庸先生から一枚の色紙をいただいた。

色紙

「熊猫様」とあるのは、自分のホームページの名前に由来している。

金庸先生が教えてくれたのは技だけではない。

小説の中に描かれる武林の姿は、まるで現実の姿を鏡に映し出したかのように様々な人間像を浮かび上がらせ、登場人物らを通して「どういう人間が、どのような事を語り、どのような行動を取るのか」を、そして「武術とは何か」ということや、「本当に大切なものは何か」を、率直に語ってくれている。

香港の「明報」という新聞社の社長でもあった金庸先生の透徹した視点が語るものは、新聞というリアルも小説という虚構も、共に人間の姿を映し出すと言う意味において陰陽のように表現の違いでしかない。

金庸先生の描く武術は想像ではあったとしても、文章と言う特質を活かしながら、戦いに関する洞察や技というものの本質を描いているからこそ、既成のものに縛られることなく武術そのものの発想を広げてくれるのだろう。

自分の武術にとっても、人生においても、どれほど大きな影響を与えてくれたか計り知れないのが金庸先生なのである。

(※1)
2001年11月5日 神奈川大学「第11回日中交流シンポジウム」
基調講演『金庸は語る 中国武侠小説の魅力』にての出来事

(※2)
日本の「金庸公式ホームページ」にて、この小冊子の絵を見ることが出来ます。”

武術の先輩の話

標準

自分に「武術」というものを教えてくれた先輩の一人にU田さんがいる。
実際にはU田さんの方が自分よりもほんの一か月ほど遅れて師父のもとへ習いにきたわけだが、U田さんは若い頃から武術に関わっていて、不思議なほど良い武縁に恵まれている。それはU田さんの豪放磊落で真っ直ぐな人柄のお陰もあるだろう。仕事などの関係で40代で再び武術を始めるまでには随分ブランクがあったものの、その武術的な視点や動きの端々に見られるエッセンスは一朝一夕に積み上げられたのとは訳が違う。

U田さんの武術譚の一つを紹介すると、当時師事していたN先生の使いで、ある日本の古武術の老先生のところへ行った時のエピソード。その老先生の家に訪ねてみれば古い民家のような佇まいだったそうで、昔の日本の光景の如く家の扉をガラッとあけて「失礼しまー…」と言いかけたところ「ガツーンッ!」と頭に衝撃が。「なんだ、なんだ!?」と思いながらバタッと倒れると、実は、扉の影にその老先生が隠れていて棒で殴られていたという。まさに黒澤明の映画「七人の侍」さながらの世界である。しかし映画と違って、それだけでは終わらない。再びその老先生のところにお使いに出されるU田さん。家の扉の前に立つと、前回の経験から恐る恐る扉を開け、影に誰もいないことを確認し、ホッとしたところでようやく「失礼しまー…」と言いかけたところ、やはり頭に「ガツーンッ」と衝撃が(笑)。またもや「なんだ!?」と思いながらバタッと倒れるU田さん。果たしてU田さんがいかにして老先生に殴られたのかは、言ってしまうとネタバレになるので読者の想像にお任せするとして、とにもかくにも老先生の家と言うのは至る所に武器が隠してあって、いつどこで老先生に襲われるかわからないという状態であったらしい。
まるで漫画か笑い話のようだが、そう言った経験を経て磨かれた感覚は常人とは一味も二味も違う。まさに戦場の兵士の如くである。

自分の修行時代の情けない話になるが(笑)、そのU田さんの紹介で、ある達人先生の処へお伺いした時の話。練習後に飲み会の席でU田さんがしみじみ言うのには、「先生の脚が凄いよね!足の指の一本一本までが連動して動いている!」との事。その達人先生の練習は畳の上で行われていて、しかもその時は貴重な伝承の陳式太極拳を教えながら打っていらっしゃったので、何ともそこに目の行き届かない自分を情けなく思ったものである。
またある時は、公園にて某剣術の先生の剣技を見せていただいた時のこと。公園の細かい砂利の上で、裸足になった剣術の先生。達人先生の一件が悔やまれてならなかった自分は密かに「これは足をよく見なければ」と思いながら、その剣術の先生が立てた竹の間を走り抜けながら打ち倒していく様をしかと見届けたのであったが、後の飲み会でU田さんが言った一言。
「あの先生の目付が凄いよね!」
その瞬間、(今度は目付けか!)と自分の目はなんとふし穴なのだろうとガックリ肩を落としたのであった。orz
しかしそんな経験をさせて貰ったからこそ今があり、つくづく自分は色んな方々のお陰で成長出来たのだと思う。諸先生方や先輩方が直接経験した、その場の空気が伝わってくるような活き活きとしたエピソードは、そのままに学びを与えてくれる、まさに貴重な宝だ。

少し前に、U田さんと久しぶりに推手を行ったが、とても良い推手だった。U田さんの隙のない構えのままに繰り出される推手。過去や現在の色んな武術のエッセンスが混じっているものの、その奥に感じる柔らかい力強さは、まさしく共に師父に学んだ推手そのものだ。同門で誰との推手が一番かと言われれば、間違いなくU田さんの名前をあげるだろう。同時期に師父の元に集い、笑い合いながらよく一緒に練習していた事を思い出す。自分が門を立ち上げた時も応援してくれる気持ちが色んなところに伝わってきて、本当にこのような先輩がいる事がありがたく、得難い事だと思う。
他にもU田さんの体験談や稽古話は沢山あり、そのいずれもが自分の中で色んな形で息づいている。

ある日の練習の後に

標準

心から「この門の武術で良かった」と思う瞬間がある。昨日の拝師弟子練習はまさにそのような時間であった。

拝師弟子練習は、基本的にマンツーマンで教わる事がほとんどだ。それを師父と何年にも渡って続けてきた。

今では、話の内容も、練習の内容も、毎度の事ながら本当に濃密で味わい深いものだが、不思議と教わることに「尽きる」ということがない。

三拳弊習だから覚える事も多いということもあるが、だからと言って、ただ単に3つの拳法の套路をどんどん覚えていく、というのともおよそ訳が違う。
進んで行くにしたがって三拳が密接に繋がりあい、スパイラルに高さと深みが増していく感じなのだ。

しかし、今回の感動とも感謝ともつかぬ気持ちが湧き上がるのは、そういった技術的な話によってではない。もっと根本的なこの門の武術についての話だ。

套路の中に感じる師祖父の人生哲学のようなものについては、以前にも話題にした事があるが、今回の学びによって、武術がこんなにも昇華された形でなお、武術として受け継がれてきていることに深い感銘を受けたというところであろう。そう、これこそが師祖父の武術だったのだ!

だからこそ、ここまで誇りを持って迷わずに教えることが出来た。そしてこれからは、師祖父と師父に連なる自分の武術を、より決意と心を込めて伝えていかなければならない。

今日の内容を、いつの日か、自分の後に続く者に。

そんな想いが心の中に渦巻くような、感慨深い一日であった。

純度と雑味

標準

わずか5年の間でも、基本を繰り返し・繰り返し教え続けていると、まず誰よりも先に自分自身にかなりの気付きがあるものだ。生徒に教えるということは、師父から習ったことを何度も思い起こしながら、どうしたら生徒にその意味と大切さを伝えることが出来るかと、いろんな角度から基本に対する思索を深めてきたようなものであるから、当然と言えば当然かもしれない。結局は、生徒を成長させるのも、自分自身を成長させるのも同じという事だ。

自分自身の理解が深まってくると、自然と教え方も変わってくるし、動きを導くために使う言葉まで変わってくる。一方で「上下相随」「虚実分明」「空胸緊背」等の常に繰り返し引用する言葉は、ますますその意味が深まってきた。それらによって生徒たちの技が一段と変わってきた手ごたえがあり、技や基本も、ある意味シンプルでより明確なものになってきた。
何もかも良い感じになってきた…と思っていたのだが、なかなかそう一筋縄ではいかないものである。

最近も弟子に言われてハッとなったことがあった。それは、自分が初期の頃に教えた、今の自分から見れば雑味が入りまくったある練習法を弟子が新しい生徒に教えていたのだが、わざわざそれを教えたわけを尋ねてみると、弟子にとってみればそのやり方が入り口として「分かり易くて、良かった」と言う。

例えるなら「水清ければ魚棲まず」と言ったところであろうか。
弟子のとった行動は、自分にも覚えがある。

いや、むしろ自分自身がその行動をよくとっていたし、それらの内容を誰よりも大切にしていたと思う。

我が門においては「工夫に力を入れれば(工力+夫)=功夫になる」という師祖父のウィットに富んだ言葉が残されているように、確かにその練習法は八卦掌など名前も聞いたことのないような生徒に、どのように八卦掌を教えていくか?ということを試行錯誤をしながら工夫した練習法ではあった。

それが今は八卦掌がどういう拳法であるかというイメージも皆の中に浸透して、本来あるべき練習法で進められるように教室の雰囲気が整ってからは、その言わば方便のような練習法は自然と消えていったのであるが、習い始めて間もない人には、ある意味、武術の性質から言って純度が高すぎると分かり辛く、逆に雑味が入っているほうが逆に目立つという良さがある、と言ったところだろう。

思い起こせば、今の宇童会を教え始めた時に、なにより役に立ったと感じるのはその雑味の部分であった。それを知っているか知っていないかは、師父の初期からの生徒と後から入った生徒との大きな違いであるとも思っていた。

それがいざ、自分のこととなるとつい純度を高める方に目が行きがちで、意外とそういうところは見おとしがちになってしまうものだ。しかも、なまじ純度が高くなることで成果があがっている分、教える側として未熟だった頃の自分が考えたものなど、つい「もう必要ない」とさえ思ってしまう。

しかし、そういうわけでもないというのは、その時期だからこそ感じ取れるものがあり、その時期ならでは発想出来ることもあるということだろう。

純度と雑味。

その絶妙なバランスを愉しめるようになりたいものである。