Iさんの太極拳

標準

宇童会の生徒の話をする時に、繊細な感覚の持ち主ということでプロのギタリストさんのYさんの話を時々あげるが、もう一人、繊細な感覚を持つ生徒に、全盲のIさんがいる。

基本は個人レッスンの形で教えているのだが、彼女との会話は、とても面白い。彼女との会話の内容はまるで内功武術的な話のオンパレードだ。

ものが見えないからこそ、見た目の形や雰囲気に惑わされることがない。動きそのものを見る。まるでソムリエがワインの味や香りを語るが如く、触れた掌からポン勁と捻りが紡ぎ出す動きの変化や性質を語り合うその面白さは、まさしく「ワインを愉しむ」かのように、「太極拳を愉しむ」といったような面白さである。

形としては一見似ていないような動きでも、「この動きは、○○と同じですね!」「この動きは○○の変化した感じですね!」と、長年練習を積んだ方と話すような会話が最初から普通に出てくるし、動きを導けば、「何この動き⁉︎それに、すごく身体が動く!」と誰よりも打てば響くような反応を示してくれる。

こうしたダイレクトな反応というのは、教える側としても嬉しいものだ。

逆に、太極拳を教える時にただ「この動作では爪先の向きを何度にする」「手をどの位置に出す」というような説明や動作だけでは、「これが太極拳です」と言われても、「形を見る」のではなく、触れて「動きの本質を見る」彼女にとっては、体操やダンスとの明確な違いは感じられないだろう。

彼女にとっての太極拳らしさとは何か。

それは、太極拳の動作にはストーリーがあるということ。

もちろん、体操やダンスにもテーマやストーリーを設けるのは当然だろうが、それらとの違いは何かというと、触れた掌から伝わる筋肉の動きや繋がりや変化といった皮膚感覚そのものにも流れがあり、ストーリーがあり、リズムがある、ということだ。

ゆっくりふんわりと動く中に、全身の繋がりによって起こる複雑な変化。川の流れのように滔々と変化し続ける動作と共に身体に起きている起承転結を、直に触れながら皮膚で感じとるもの、それが彼女にとっての「太極拳らしさ」なのだ。

そのIさんは今、事情があって休会しているのだが、99勢の第三段・94.轉身左劈面掌まで終わっていて本当にあと少しのところまで来ている。

亡くなった弟子が土に種を蒔き、それが今、スクスクと成長しながら花を咲かせようとしている矢先のやむを得ない休会で、自分が宇童会に通っている間に99勢を教えきらなかったのは残念ではあるのだが、きっと遠からず99勢に辿り着く事は間違いない。

そして、その花が実った時にはきっと我々の内功武術に優しい彩りを添えてくれることだろう。